天才ではなく秀才を目指すべき〜野球の天才とは?〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

天才と聞いてあなたはどのような選手を
思い浮かべるでしょうか?

引退をしたイチロー選手や
現在メジャーリーグで大活躍をしている
大谷翔平選手
さらには甲子園で大活躍をした選手や
自分のチームにいる選手まで
様々な選手を思い浮かべることでしょう。

では実際のところ天才とは
どのような選手のことを言うのでしょうか?
また天才だけがプロ野球選手になれるのでしょうか?

天才とは?

まず天才とはどういう意味かというと
(天性の才能、生まれつき備わった優れた才能)
のことをさすそうです。

ポイントは生まれつき備わった
という点で
野球で言えば
・生まれつき体が大きい
・生まれつき肩が強い
・生まれつき足が速い
といった点が該当するでしょう。

しかしその才能だけでは
プロ野球選手はおろか
強いチームでレギュラーを取ることすら
できません。
何故ならばその才能を活かす努力を
誰しもしなければいけないからです。

あなたもこんな選手を見たことが
あると思います。

「体が大きくてもバットに
ボールが当たらない選手」

「肩が強くてもコントロールや
守備ができない選手」

「足は速いが走塁技術や
打撃が弱点という選手」

こうした選手の場合
せっかくの才能を
活かしきれていないため
その才能を活かしきるために
やはり努力をしなければいけません。

ここが野球に限らず
全てのスポーツの
難しいところでこの努力を
できないという人が多く
才能の持ち腐れとなってしまうのです。

実際
・体も大きく
・足も速く
・肩も強く
・運動神経も良い
これだけの才能を持ちながら
プロ野球選手になれないという選手は
たくさんいます。

しかし反対に生まれつきは
・体の大きさも平均
・足も平均
・肩も平均
という選手がプロ野球選手に
なることがあります。

何故このような選手が
プロ野球選手になれるのかというと
努力を怠らないという才能が
あったからだと思います。

よく努力の天才という言葉を
聞きますがまさにその通りで
この才能は何にも勝る武器となります。

またこうした努力をする才能は
生まれつきではなく
自分のこれからの考え方や
取り組み次第で誰でもなれるのが
良いところです。

天才と似た言葉で秀才
という言葉があります。
天才は生まれ持った
優れた才能でありに時には
本人さえ説明がつかない経緯で
問題を解決できる人物を指しますが

秀才は同じく他人よりも
優れた才能を持っている
人を指しますが、
それは訓練や周囲からの
良い影響によるものであり
理知的に裏打ちされた高い能力をさす
とされています。

つまり、生まれ持った才能がなくても
訓練や周りの人の影響次第で
いくらでも秀才にはなることができる
ということです。

イチローも天才と呼ばれていますが
実は本人は自分のことを天才とは
思っていないようです。
あるインタビューでこのように語っていました。
「僕は天才ではないなぜならば
なぜ自分がヒットを打てるか説明ができるから」

つまり天才であれば練習をしなくても
なぜかヒットを打ててしまうと思うが
イチロー選手はどうやったら
ヒットを打てるかを考え
それを実現可能な状態にまで
練習で持ってきているということです。

もしかしたら
イチロー選手の
足の速さや肩の強さも
一見すると生まれ持った才能のように
感じるかもしれませんが
その陰には様々な努力が
あったのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です