野球 先発の役割とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球において
エースが完投するという試合は
少なくなり投手の分業制が進んでいます。

アマチュア野球の場合も
球数制限などの問題から
分業とまでは行かない
かもしれませんが
継投策を取らざるを
得なくなってくるでしょう。

そうした中で
投手それぞれの特徴から
先発・中継ぎ・抑えを考えるとき
どのようなことに目を向けるべきかを
考えてみましょう。

今回はまず先発投手に求められること

先発投手は
1イニング目から投げる
最初の投手です。
そのため試合を作ることが
求められます。

試合を作るとは
どういうことかというと
定義は難しいですが
ある程度のイニングを少ない
失点で抑えて自分のチームが
勝てるような状態を作り出すことだと
思います。

そういった意味では
最近よく言われる
QS(クオリティースタート)
をすることができれば先発として
十分な役割を果たせていると
言えるでしょう。

クオリティースタートとは
6回を投げてかつ自責点3点以下に
相手を抑えることです。

このような状態を作ることが
できていれば
最大でも得点差は3点なので
終盤ワンチャンスでの逆転も
十分に考えられるでしょう。

逆に序盤から失点が多くなり
4点差5点差をつけられてしまうと
試合はとてもきつくなります。

何故ならば
攻撃側の作戦がとても
難しくなるからです。

ノーアウトランナー一塁の場面で
考えられる作戦は
バント
盗塁
エンドラン
などたくさんありますが

ある程度点差がついた場合
一点を奪うよりも大量得点で
追いつかなければいけなくなるので
そうした作戦が取りづらくなり
打って繋いでいくしか手段が
なくなってしまうのです。

これでは点を取ることは
難しくなりますし
逆に相手は得点差がついたことで
様々な作戦を使いやすくなり
さらに得点を重ねていってしまいます。

これが試合を
作れなかった場合です。

こうしたことから考えると
やはり先発投手として求められることは
・自滅をしない制球力
・相手に打たれづらいボール
(球速や変化球)
・5イニング以上を投げられるスタミナ
・フィールディングなど総合力
以上が挙げられます。

つまり早い話が
総合力の一番高い
ピッチャーが先発に
ふさわしいということです。

相手によって奇策をとり
先発を変えるケースもありますが
基本的には一番いいピッチャーが
先発をするのが一番良いでしょう。

もしあなたが先発をしたいのであれば
先ほど挙げた4点を磨き上げるのが
一番だと思います。

次回は中継ぎに求められることを
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です