高校生こそプロ野球を見るべき?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校生の選手の
マンツーマンレッスンや
チームサポートをしていると
非常にもったいなさを
感じることが多くあります。

その理由は
高校生は部活で毎日のように
練習があるため
どの年代に比べても
練習量が多くあります。
それにもかかわらず
ただ何となく毎日の練習を
こなしてしまっているということが
多いからです。

逆に言えば
チームとしてやるべきことや
覚えるべき技術を習得するために
時間を有効活用することができている
チームは高校野球の3年間を有意義に
過ごせていると言っても良いでしょう。

ではただ何となく練習をしてしまう
選手はなぜもったいない時間を
過ごしてしまうのでしょうか?

練習で覚えたい技術を明確にする作業

有意義な練習をするためには
まず覚えるべき技術や
やりたいことを
明確にする必要があります。

「バッティングをよくしたい」
「守備が上手くなりたい」

これでは明確にはなっていないため

「低めの打ち方を覚えたい」
「逆方向への打球を打ちたい」
「ダブルプレーの動きを早くしたい」
「ボールの持ち替えを早くしたい」

最低限これくらいは明確に
しておく必要があります。

またより具体的にするために
やってほしいことは
「参考となるプレーを見る」
という作業です。

百聞は一見にしかず
という言葉がありますが
まさにその通りで
参考となるプレーを見ることで
自分がプレーをするイメージを
持つことができます。

そのイメージをまず頭の中で
作ることが技術習得のための
第一歩となります。

この作業がなければ
練習をする時も
ただ闇雲に練習をして
手探りで正しい技術を身につける
必要があるため
余程センスがない限り
技術習得には時間がかかって
しまうことでしょう。
しかし高校野球は2年半というとても
短い時間のためその技術にたどり着く前に
終わってしまうかもしれません。

参考となるイメージはどうやって作る

さてではその参考となるプレーの
イメージはどのようにして
作れば良いのでしょうか?

そこでぜひ見てもらいたいのが
プロ野球のプレーです。

当然ですが
プロ野球選手のプレーは
参考にすべきポイントが
とてもたくさんあります。

そのプレーを見て
イメージを作り練習を行う
そして自分のプレーと比較をし
相違点を見つけ出し
さらに練習で修正を行なっていく
これが最も有意義に練習をすることが
できる方法です。

しかしながら最近の高校生は
意外とプロ野球を見ません。
以前に比べればスマホが普及したことで
いつでもプレーを見ることが
できるようになりましたが

夜遅くまで練習をしていたり
プロ野球中継が減ったりしたことで
プロ野球選手のプレーを見ていない
という選手がとても多くいます。
これはとてももったいないことです。

普段の練習を有意義なものにするために

高校野球という短い時間を
有意義に過ごし高い技術を身につけるために
打撃or守備orピッチングor走塁
において自分が参考とすべき選手を
1人設定しましょう。

できれば打撃であれば
自分が右打ちなら右打ちの選手
投手の場合
右投げなら右投げの選手
守備であれば
同じポジションの選手を
参考とする選手として
選びましょう。

そして時間があれば
その選手の動画を集めてみましょう。

打撃であれば
・構え方
・タイミングの取り方
・スイング軌道
・コース別の打ち方

投手であれば
・ランナーがいる時
・ランナーがいない時
・牽制
・変化球
・フィールディング

守備であれば
・あらゆる方向の打球に対する動き
・送球までの流れ
・ボールの投げ方
・打球判断

走塁であれば
・走り方
・盗塁の構え

これらを集めて何度もそのプレーを見返し
そのプレーを自らがするイメージを
作り上げます。
そして実際にプレーを行い
イメージ通りにできていたかを
確認していきます。
これができて初めて練習は
意味のあるものとなることでしょう。

もし高校生で時間がないという選手は
保護者の方が協力してあげて
プロ野球選手のプレー集を作って
あげても良いかもしれません。

PS.先日レアル・マドリードに移籍した
久保建英選手が現地の取材で
試合前に今では同僚となったアザール選手の
プレー動画をいつも見ていたと語っていました。

あれほど世界で
注目されるビッククラブに入った
選手でさえトッププレーヤーのプレーを
参考にしてイメージを作り
試合に臨んでいるのです。

競技は違いますが野球でも
参考にできるところだと思います。

無料体験実施中です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です