継投のタイミング


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

日本のプロ野球の試合は以前は
先発投手が1試合を1人で
投げ抜き完投、完封して勝つ
というのが美学でありエースとしての
役割とされてきましたが

メジャーリーグで
リリーフピッチャーによる
中継ぎ、抑えの分業制が
浸透してくるにつれ
日本でも投手陣の分業制が進み

今ではどのチームも
勝利の方程式として
リリーフエースや
ワンポイントリリーフ
そして守護神と呼ばれる
クローザーが継投して
1試合を戦う試合が当たり前となりました。

そのため先発投手が完投や完封する試合は
よほど調子が良いか試合展開的に
継投ができないロースコアの展開
に限られており
基本的にはリードしている展開でも
100球前後の球数で継投に入るようになっています。

このようにプロ野球であれば
リリーフ専門のピッチャーが
複数揃っているため
相手との相性や試合展開に応じて
より抑える確率の高い選手を次々と
送り込むことができます。

高校野球界にも継投の流れ

最近では球数の問題や
一人の投手を酷使してしまう
という問題から
高校野球界でも複数の投手の
継投で勝ち上がっていくスタイルが
甲子園でも増えてきました。

しかしながらプロ野球とは違い
毎年毎年二番手三番手のピッチャーを
エースピッチャーと同じレベルで
揃えることは難しいことでしょう。

また、実際のところ継投のタイミング
というのは監督としてもとても難しいものです。

継投をする上で考えるべきことはまず
残りのイニングをどのように抑えるかと
いうことです。

あまりにも早く継投に入ってしまい
二番手投手が打ち込まれてしまった場合
その次のピッチャーが用意できていなければ
その後の守備は崩壊してしまい大量失点の
恐れがあります。

逆に先発投手を引っ張りすぎてしまうと
球数が増えてきたあたりで
球速やキレがなくなり打ち込まれてしまう
ということもあるでしょう。

もちろんエースを軸に戦っていく
というスタイルであれば
このようにエースでけるところまで
いって打たれ始めてから継投に入る
というのがベストだと思います。

しかしこの戦い方は
苦し紛れの継投であり
決して良い継投とは言えません。
こうした戦い方をしているチームは
結局大事な試合ではエース一人に頼って
球数が増えても完投させてしまうことでしょう。

良い継投とは?

今までは先ほどのような
球数が増えてもエースが完投
というスタイルが許されてきましたが
これからは選手ファーストの流れが進み
球数制限もいずれは導入されることでしょう。

そうした時にある程度チームとして
継投の戦いかたを確立しておく必要があります。

そこで重要となるのが
それぞれの投手の特徴を知っておくことです。

例えば
先発ピッチャーはどれくらいの
球数を投げると球速や球質が落ちてくるのか?

これは試合結果の経験則から
推測する方法と実際に球速を測って
いる方法があります。

経験則では球数がどれくらいになってから
失点が増えるか?
四死球が増えるか?
被安打が増えるか?
これらのデータを収集しておくと
ある程度継投のタイミングが見えてくるでしょう。

また継投に入る選手も
それぞれの特徴を知っておく必要があります。
リリーフピッチャーは短いイニング限定で
スピードボールを投げることができるのであれば
そのスピードボールは何球持つのか?

または先発で投げるのと同じような
ペース配分で投げる第2先発のような
継投の場合もどれくらいのイニングを
投げ切ることができるのか?

もし先発ピッチャーが早い段階で
継投に移る必要が出た場合は
第2先発のピッチャーよりも先に
ワンポイントでショートイニングを
つなぐことができるリリーフピッチャーがいると
とても心強いでしょう。

このように試合展開によって
ワンポイントのピッチャーが先にいくケースや
2番手投手が先に行くケースなどを
試合展開によってチームとして確立
できていると選手たちはとても戦いやすく
投手も心の準備がしやすいと思います。

また特殊な例ですが
立ち上がりに不安がある
リリーフピッチャーの場合
イニングの頭から投げさせるよりも
1アウトもしくは2アウトを
とってから継投に入った方が
心理的に投げやすいというピッチャーも
いるので
予定していた継投のタイミングがきても
先発ピッチャーにまだ余力がありそうであれば
1アウトもしくは2アウト引っ張って投げてもらうのも
スムーズな継投につながることでしょう。

まとめ

継投のタイミングは
試合展開と投手それぞれの特徴で決まり
投手の特徴をデータや経験則から考慮した上で
それぞれの試合展開に合わせた戦い方を
チームごとに作り上げていくことが大切です。

当たり前ですが今までやっていないことを
いきなり公式戦でやっても選手は混乱してしまうので
練習試合や紅白戦から継投での戦い方に
チームとして慣れていくことが重要だと思います。

無料体験レッスン実施中です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です