ホームランの後にセーフティーバント?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球や大学野球で
よく見る光景として
ホームランを打った選手の
次のバッターが
初球にセーフティーバントを
試みるということがあります。

あなたもみたことや
実際にやったことがあるのではないでしょうか?

この状況でのセーフティーバントは
実際に8割から9割ほどの割合で
行われているように感じるほど
よく見る光景です。

ではなぜこのようにホームラン直後に
セーフティーバントを仕掛けるのでしょうか?

まず理由として考えられることは
成功確率が高いからということですが
実際にこれが成功したところを
私はみたことがありません。

それにもかかわらずなぜ
セーフティーバントを行うのでしょうか?
私なりの考えですが
このタイミングでのセーフティーバントは
相手への精神的なプレッシャーを
かけるためのものだと思います。

ホームランを打たれたい相手からすると
すぐにでも次のアウトをとり
立て直したいところです。

逆に攻撃側は
ランナーがいなくなったことで
リセットされないように
何としても畳み掛けて攻撃を
したいところです。

そうした思惑から
アウトになったとしても
簡単なアウトではなく
何か相手を揺さぶる方法として
セーフティーバントを選択しているのだと
思います。

このセーフティーバントが
決まればもちろん相手に
精神的に大きなダメージを
与えることができますが
このセーフティーは見せるだけ
でも十分だと私は考えています。

例えばセーフティーの構えをして
バットを引いた入り
フェアラインギリギリのバントをして
ファールになってしまっても
ピッチャーはバントに備えて
走ることになるので
まさに息つく暇も与えない攻撃に
なるでしょう。

また攻撃側としても
ホームランの後に簡単に
アウトになるとなぜか
流れが悪くなってしまいます。

しかし、セーフティーを挟むことで
まだ攻めの姿勢を味方にも示すことが
でき結果的にその後の打者が凡退しても
流れが行きづらいように感じます。

このように勝負をものにするための
精神的な作戦として使われる
ホームラン後のセーフティーバントですが
プロ野球ではあまり見かけません。

なぜならば
高校野球や大学野球の方が
メンタル面が与える試合への影響が
大きいからです。

プロ野球の世界でも
もちろんメンタル面は重要ですが
セーフティーバントで揺さ振れるほど
甘い世界ではないでしょう。

つまりこうしたホームラン後の
セーフティーバントは学生野球ならでは
といえる思います。

いずれにしても
本当によく行われるので
守備側の選手は特に
ホームラン後のセーフティーは
警戒するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です