野球・トーナメントとリーグ戦それぞれのメリット 


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球は各地の代表校が
決まりいよいよ今月より
各地区を勝ち抜いた甲子園での
戦いが始まります。

そうした中
最近では過密日程の中の
トーナメント制により
投手への負担が心配されるように
なってきました。

一昔前であれば
一人の投手がマウンドにたち続けて
戦い抜くことが美談とされてきましたが
それにより多くの選手が体を
壊してしまい様々な議論が持たれるように
なりました。

しかしながら現状のトーナメント方式の
負けたら終わりの戦いでは
勝ちだけを優先させれば
エースに頼り切ってしまうことも
責めきれないようにも思います。

そうした背景もあり
リーグ戦にしてみては?
という声も聞かれるようになってきました。
リーグ戦の場合であれば
負けたら終わりとはならないので
投手起用にもある程度の自由が
きくようになると思います。
またそれに備えて5月から大会を
開催したとしても負けたチームも
今と同じく7月ごろまで野球を続けられるので
引退が早くなりすぎるということも
ないでしょう。

また何より選手育成のためには
試合での経験、特に公式戦での一試合
というのはとても大きな意味を持ちます。
リーグ戦にすることで多くの公式戦の
経験を積むことができるため将来的な
選手育成においても良いことでしょう。
それに伴いベンチ入りメンバーの枠も
現状の20人から25人へ増やすことも
検討した方が良いでしょう。

地区によっては秋大会や春大会の
予選でリーグ戦を採用しているそうなので
十分の実現は可能だと思います。

実際に高校野球の夏の大会で
採用するとなると
総当たり戦では途轍もない時間が
かかってしまいますがブロックごとに
分かれてリーグ戦を行い勝ち上がった
チームで再度リーグ戦またはトーナメントを
行うことができれば一人の投手だけに
負担がかかってしまうことは
防げるのではないでしょうか?

そうした意見がある一方で
トーナメントにはトーナメントの
良さがあるのも事実です。

やはり一発勝負だからこそ
味わうことができる負けられない
という緊張感の中での試合は
指導者でも予想できないような
選手のプレーを引き出します。

そうしたプレッシャーや
予想外のプレーが
あるからこそ優勝候補を
格下が倒してしまうような
高校野球の醍醐味とも言える
試合が生まれるのです。

また負けたら終わりだからこそ
観客や高校野球ファンの共感と
感動を生むのかもしれません。

いずれにしても
現状のままで高校野球が
進んでいくことはもしかしたら
システム的にも難しいのかも
しれません。

野球人口が減っていく中
今すぐに納得ができなくても
数年が経ち振り返った時に
成功と思えるような改革が
行われることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です