速いボールを投げる選手は〇〇に注意


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球も出場校が決まり
いよいよ甲子園での大会が始まります。

そんな中
野球界が注目する
大船渡高校の佐々木投手の
決勝戦登板回避が話題となりました。

最近では球数制限の話や
一人の投手を酷使すべきでない
という議論もあり
時代は変わってきていると思います。

あなたはどのような考えでしたでしょうか?

しかしこうした話題をきっかけに
考えてほしいことは佐々木投手のような
将来のスター候補選手に限らず
どんな選手であっても肩や肘の怪我を
考慮する必要があるということです。

特に小学生や中学生のうちから
肩が強かったり球速が速い選手ほど
注意が必要なのです。

そもそもなぜこれほどまでに
大船渡高校の監督が佐々木投手の
登板に慎重だったのかというと
(もちろん佐々木投手以外の他の投手にも
気を配っていたと思います)

まず一つ目に体がまだ
出来上がっていなかったということ

二つ目に
最速163kmという球速が人体に与える
影響が未知数であったということです。

佐々木投手は190センチ近い
身長があり立派な体格をしていますが
骨自体はまだ成長途中であり
その強度は決して強いとは言えません。

人間は骨の成長が止まりそこから
丈夫な骨へと変わっていきます。
これには個人差がありますが
佐々木投手の場合監督のもと
病院で検査をしたところまだ
骨は成長しきっていないそうです。

つまり体が成長しきって
トレーニングを積んでいる
プロ野球選手が連投をするのとは
全く訳が違うのです。

それに加えて最速163kmという球速が
人体に与える影響は計り知れません。
以前もお伝えしましたが
人間はそもそもボールを投げるように
作られていません。

例えば
普段使っている椅子も
正しく使えば問題はありませんが
使い方や座り方を間違えれば
多少であれば問題ないかもしれませんが
そのまま間違った使い方をし続ければ
壊れてしまいます。

それと同じように
ボールを投げることを
想定していなかった人体に
とってボールを投げること自体
ある意味「間違った使い方」と言えるでしょう。

もちろんそんな中でも負担が
かかりづらいフォームはありますが
どんなに綺麗なフォームで投げても
負担がかかることに間違いはありません。

ましてやプロ野球界でも数名しか
投げることができない160km台という
ボールを投げるということはそれだけで
相当な負荷がかかることでしょう。

実際にメジャーで活躍する大谷選手も
160kmの速球を投げられますが
昨年故障をしてしまいました。

彼のフォームは決して無理やりな
フォームでもなく体自体も成長しきった
状態でトレーニングも積んでいました。
しかしそれでも怪我は起きてしまうのです。

さてここで話を戻します。

速い球を投げることができる
ということはこうしたリスクがあることを
頭に入れておくと

これは小学生や中学生ほど
気をつけなければいけない問題だと
改めて理解できると思います。

小学生や中学生は分かりきっていますが
体は成長段階です。
もちろん、佐々木投手よりも
体は出来上がっていません。

しかしながら最近の小学生は
6年生ともなると100km〜130kmの
ボールを投げるといいます。
中学生も130km〜150kmを
投げる選手まで出てきました。

これだけ速いボールを
体が出来上がっていない
小・中学生が投げるということは
それこそ慎重に登板を考えてあげる必要が
あります。

もちろんピッチャーに限らず
野手でも捕手でも
肩が強くて速いボールを投げる選手には
注意が必要です。

実際に小・中学生年代の肩肘の
故障は野球先進国の中では
日本がダントツで多いというデータも
出ているようです。

目先の勝利もほしいところですが
選手の将来のためにも
指導者はこの問題を
人ごとと思わずに小・中学生の野球においても
勇気ある決断が必要となってくるでしょう。

PS
小・中学生の野球の場合
選手起用は父母との信頼関係も重要です。

選手の怪我を心配し連投をさせなかったにも関わらず
「いつも使われているのに
今日は試合に使われなかった」と
保護者から言われてしまうと
どちらにとっても良いことはありません。

その他の選手の起用法や作戦についてまで
話し合う必要はありませんが
こうした怪我のリスクを考えての
起用法については事前に
『連投を避けるために今日は投げさせない』
など伝えておくと保護者の方も納得
してくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です