バランス能力を高める2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回野球のパフォーマンスアップにおいて
バランス能力が大切であり
不安定な体勢でもバランスを
保ちプレーすることで
パフォーマンスを高めることが
できるという話をしましたが
今回はそもそもどうすれば
バランス能力を高めることが
できるのかを考えていきましょう。

まずバランス感覚を
養うために必要なことは
不安定な状態を作り出すことです。

例えば片足立ちをするだけでも
両足で立っている時よりも
安定感は失われて不安定な状態になります。

あなたは
片足立ちのまま
一歩も動かずに何秒間
バランスを保つことができるでしょうか?
1分以上バランスを保つことができれば
ひとまず第一段階はクリアです。

それができたという人は
今度は目を瞑った状態で
同じように片足をあげてみましょう。

今回は視覚情報がなくなるため
完全に体の感覚のみで平衡感覚を
掴みバランスをとる必要が出てきます。

次にバランスを鍛えるために
やってみてほしいことは
ハードルジャンプです。

ハードル走で行われるように
走りながら障害物をジャンプで
飛び越えてまた走り出すという動きは
スピードがあればあるほど
バランスを保つのが難しく
空中姿勢が崩れてしまえば
着地が難しくなり勢いがつきすぎても
着地で思わぬ転倒をしてしまいます。

こうした動きは外野手の守備の
動きに近いところがあります。

外野手は追いつけるかどうか
ギリギリの打球を追う時は
全速力で落下点に向かい
その上で球際では地面すれすれの
ボールも捕球する必要があるので
こうしたバランス能力があるとないとでは
大きな差が生まれてきます。

こうしたバランスを取る上で
大切にしてほしいことは
足の裏、体幹部、四肢の動きです。

前回バランス能力に長けている
例としてサーカスの綱渡りを
例にあげましたが
綱渡りをするときも
バランスを上記の三つで
とっています。

まず足の裏のどの部分に体重を
かけるのかを考え
その上で微妙な体の傾きを
足の裏から感じとりバランスを整えます。

この時体幹部が緩んでいると
上半身と下半身の連動性がなくなり
すぐにバランスを崩して落下してしまいます。
体幹部は緩めることなく上半身と下半身の
バランスが崩れても持ち直せるように
一本の線(軸)のように踏ん張るようにしましょう。

さらに全体の微調整を
両腕や浮いている足で行います。
綱渡りでも両腕を水平に広げたりしながら
バランスをとっていることがわかると
思います。

野球においても
こうした足裏の感覚
体幹部の粘りや踏ん張り
そして両腕両足の使い方は
とても重要です。

よく投球をする時には
投げる方の腕だけでなく
その反対側の腕の使い方を
注意することが多いと思います。

それはこうしたバランスを整えて
パフォーマンスを高めるためです。
バランス能力に長けている選手は
こうしたことをあえて注意しなくても
自然とできてしまうものですが
そうでない選手はフォームだけを
意識するのではなくその根本にある
バランス能力を高めることから
はじめてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です