人工芝でのプレーの注意点part2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は人工芝の
グラウンドでの注意点として
・バウンド
・芝と土の境目
・雨の時の打球
を挙げそのうちの
バウンドについてお伝えをしていきました。

前回ブログはこちら

今回は芝と土の境目と
雨の打球について
お伝えをしていきます。

まず芝と土の境目です。
人工芝のグラウンドは
全面人工芝といっても
ベース周りはスライディングができるように
土の部分が存在します。

そこで危険なのが
打球が芝から土へ移ってくる時です。
芝から芝へのバウンドや
土から土へのバウンドであれば
ある程度一定のリズムで打球が
バウンドしてくるので
打球のバウンドを予測することは
難しくありません。

しかしながら芝から土に移るとなると
高い確率で多少なりとも
イレギュラーバウンドをして
くるのです。

そのバウンドはベース周りの
土の状態によりますが
芝の切れ目に当たって
高く跳ねてきたり
土の部分でバウンドしたことで
いきなり沈んでいくことも
あります。

また経験があればあるほど
「イレギュラーをしそうだ」という
イメージが頭を過ぎることで
恐怖心から打球に入る足が
止まってしまいます。

こうした時の対処法は
高いバウンドであれば
なるべく土に入る前に
前で打球を捕球する
もしくはイレギュラーする前に
ショートバウンドで捕球をする
という方法があります。

また慣れてくると
土の状態を見て
打球がイレギュラーしそうな
部分がわかるようになってきます。

そうした時は
足で土をならしたり
その部分に打球がバウンドしないような
ポジションどりをするという方法も
あります。

いずれにしても
土ではイレギュラーがある
ということを常に頭に入れて
守備をすることが大切になるでしょう。

最後に雨の時の人工芝です。

雨の場合注意をしなければ
いけないのは
打球の弾み方が大きく変わる
ということです。

特に低いライナー性の打球が
飛んできた時
ワンバウンドした打球を捕ろうとすると
予測よりも速くそして低く打球が通過を
していってしまいます。

人工芝は打球が弾むからと
油断をしてグローブも体勢も
高い位置で待っていると
その低くて速いバウンドに反応
することができず
後逸をしてしまうでしょう。

こうならないために
雨が降った場合は
球足の速さに対応するため
なるべく速く正面に入ること
そして低い体勢でグラブを
低く構えておくことが重要です。

雨の場合の球足の速さは
経験した人にしかわからないと
思いますが
予想以上に速く通り過ぎていって
しまうのでベンチの前で球足を確認したり
ノックやイニング間のボール回しなど
でも確認をしておくように
しましょう。

夏の大会は
様々な天候
様々な球場で行われます。

勝ち上がっていけば
そうしたグラウンドコンディションを
正確に理解することが
勝敗を分けることもあるでしょう。

ぜひ人工芝で試合をするときは
頭に入れておいて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です