夏の高校野球西東京大会抽選会


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

6月15日土曜日
青山学院高等学校にて
第101回全国高等学校野球選手権
東西東京大会の抽選会が開催されました。

前回大会は100回大会ということで
注目され大いに盛り上がりましたが
この101回大会も次の200回大会へ向けた
大きな1歩目のスタートとなります。

個人的に関わりの深い
法政高校野球部と日本学園野球部は
西東京大会に臨みます。
幸いトーナメントのブロックは
両校とも反対側の山に振り分けられたため
序盤での対戦はありませんでした。

西東京大会は今年も
強豪チーム揃いです。
まず新チーム最初の秋季大会を制し
春の選抜に出場し、春季大会も
準優勝を納めた国士舘高校は
警戒をしなければいけないでしょう。

選抜を戦ってきてある程度
戦力や情報が他校にも
知られている中
春季大会でも準優勝と結果を残しました。

この安定感と経験は夏の大会に
とても生きてくるでしょう。

次に注目されているのは
大本命とも呼ばれる
東海大菅生高校です。

秋季大会は国士舘に惜しくも敗れ
準優勝に終わりましたが
春季大会では国士舘を決勝で倒し
見事リベンジを果たしました。

またその後行われた
関東大会でも
最後は東海大相模に敗れましたが
決勝戦まで勝ち進みました。

近年は夏の大会でも
優勝か準優勝を争っているだけに
今年の夏も他校はかなり警戒を
することでしょう。

そのほかにも
150kmを投げるピッチャーがおり
打線も強力で昨年優勝している
日大三高も注目です。

特に夏の大会は
守備力よりも打力がものをいう
展開が多いので日大三高の
打撃力は他校の脅威となるでしょう。

私の出身校でもある法政高校は
春季大会ベスト16の成績により
今大会をシード校として迎えます。
近年夏の大会では苦戦が
続いていますが春の勢いそのままに
夏も初戦から全力で戦い
勢いに乗って強豪校へと挑んで欲しいと思います。

昨年夏からサポートを開始し始めた
日本学園高校は今回はノーシードで
夏を迎えます。

秋季大会、春季大会と
思うような結果を残せず
悔しい思いが続いていますが
実力的には強豪校と十分
互角の勝負ができるチーム力が
備わっています。

まずは初戦を勝ち上がることができれば
いつも通りの野球ができ強豪校との
対戦が楽しみになってくると思います。
是非とも今大会のダークフォースとして
他校の脅威となって欲しいと
思います。

夏の大会は3年生にとっては
最後の大会となります。
どのチームも悔いのない戦いを
して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です