予定調和に抗う能力


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

予定調和という言葉を知っていますか?
予定調和とはドイツの哲学者が唱えた原理の
一つで物事の結果はあらかじめ神によって
定められているというような意味ですが
普段私たちが使う場合は
「予想通りの結果」という意味で使われます。

この予定調和
野球で言えば優勝候補が
予想通りの優勝を納めたり
活躍するべき選手が予想通りの結果を
残したりすることだと思います。

優勝候補のチームや活躍が
期待されている選手にとっては
その期待が予定調和となって終わることが
望ましいかもしれません。
しかし野球をするのはそうした
チームや選手ばかりではありません。

打倒優勝候補を掲げるチームや
虎視眈々とレギュラーを狙い
一気に活躍したいと考える選手にとっては
この予定調和に抗い覆すことが
目標となることでしょう。

こうした予定調和に抗い
覆そうとする能力はプレー中も
とても大切です。

例えば誰もが「こうするだろう」
と思っているところを予想外のプレーで
良い意味で予想を覆し守備でアウトを取ったり
攻撃でチャンスを作ったりすることが
でき予定調和を崩すことができる選手は
監督からしてみれば良い意味で
期待を裏切ってくれ、さらに予想を
上回るプレーを見せてくれるので
チャンスを与えたくなり
出場機会も増えるでしょう。

また相手からしてみれば
何をしてくるか分からない
非常に厄介な選手ということになります。

こうした予定調和を崩し
チームからの一目置かれ
相手からの警戒を得るためには
2つの条件があります。

1つ目は
予定調和を知っておくことです。
まず予想外のプレーをするためには
予想通りのプレーを知っておくことが
必要です。
普通ならこうするということが
分かっているからこそ違う行動を取ったときに
驚きがあるものです。

2つ目は
予定調和を崩すための準備です。
準備なくして予想外のプレーを行うことは
成功したとしてもまぐれに等しいものです。
まぐれでの成功は続くものではないので
そのためにはやはり準備が必要です。
プレーを周りから見る自分以外にとっては
予想外のプレーであっても
自分にとっては予定内のプレーに
しておきましょう。

予定調和を崩した例を一つ紹介します。
中日、巨人で活躍した
井端選手は守備の名手として知られてしましたが
バッターとしては1,2塁間を抜く打球や
ライト前にしぶとく落とす流し打ちで
知られていました。

特にランナーがいる状況では
ランナーの後ろ側に打球を打てばランナーを
次の塁へ進めやすいため
ほぼ100%と言っていいほど
逆方向へ打球を飛ばしていました。

そのことは本人だけではなく
味方も相手バッテリーも
もしかしたら球場にいる全ての人が
分かっていたかもしれません。

しかしある日井端選手は
この予定調和を崩しました。
同じような1死ランナー1塁のケースで
いつもなら流し打ちをする場面。
相手からすればランナーを進められて
さらに1,3塁となることを避けたいため
井端選手の流し打ちの狙いを封じるために
流し打ちしづらい
インコースをせめていこうとしました。

しかし、井端選手はそこで
そのインコース攻めを読み切り
思いっきり引っ張るバッティングを
見せたそうです。

こうしたプレーを一度でもされると
相手からすればとても嫌なものです。
「もしかしたらあの時みたいに
引っ張ってくるかもしれない」
こうしたことが少しでも頭に残るだけでも
効果はあります。
こうしたスイングを見せたことで
結果的にこの後も同じような場面で
バッテリーの頭に「引っ張りもある」と
刻まれてしまったため
インコースにも投げづらくなり
アウトコースへのボールが増え
流し打ちがしやすくなったようです。

もちろんこうした予定調和を崩す
引っ張りをする裏には
しっかりと強引にでも引っ張りに行く
バッティングを練習で行なっていたのだと
思います。

このように普通ならこうするという
予定調和を知り
その上で予定調和を崩す準備を
することで相手にとって大きなダメージを
与え苦手意識を植え付けることができます。
またこうしたプレーをできる選手は
味方からすれば頼もしく
監督としても欠かせない戦力となることでしょう。

野球には様々な場面で
予定調和があります。
あなたもまずは予想通りのプレーを
理解しさらにそれを覆すプレーをして
他の選手との差を作り出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です