ピッチャー「置きにいく」とボールが沈む原因


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ピッチャーが試合中に
ストライクが入らなくなったり
苦しいカウントになったりすると
ストライクを取りに行く投げ方を
してしまいます。
これは俗に
「置きにいったボール」
と言われます。

こうしたボールを投げてしまうと
ボール自体のスピードも伸びもなくなり
痛打されてしまったり
そもそもストライクが入らなかったり
してしまいます。

では置きに行くとどうして
スピードやストライクが入らなく
なってしまうのでしょうか?

そのポイントは大きく2つあります。

まず一つ目は
正面を向くのが早くなってしまうことです。
投球モーションの中で
速いボールを投げるには
バッターに対して
横向きの時間を長くして開きを抑え
加速をしてからその力を回転動作に
変換しボールに力を伝えます。

しかしボールを置きに行こうとすると
ストライクを入れたいと思うあまり
横向きに時間がへりすぐに回転動作を初めて
正面を向いてしまいます。

その結果十分な加速が
ないため回転動作にエネルギーがなく
結果ボールに力が伝わらなく
なってしまうのです。

そうして投げられたボールは
当然スピードもキレもないため
バッターに簡単に打たれてしまったり
ボール球であれば簡単に見極められてしまいます。

2つ目のポイントは
前足の膝にあります。

前足は先ほど伝えた横向きに加速していった
勢いに負けないように地面をセカンドベース方向に
踏ん張ることで回転動作の軸を作る役割があります。
しかしボールを置きに行こうとすると
少しでもバッターよりでボールを話して
コントロールしたいと思うあまり
前足の膝が曲がりすぎてしまい
つま先よりも前に膝が出てしまいます。

これにより回転の軸がなくなってしまうため
体は速い回転をすることができずに
ボールに力が伝わらなくなってしまいます。
それに加え軸がないということは
腕を振る支点もできないため
手先だけでのコントロールになってしまい
ボールが沈んでボールになってしまいます。

こうした点を防ぐためには
ストライクをどうしても入れたい場面でも
1横向きの加速の時間を大切にし
2前足で踏ん張って回転軸を作り
3腕を振り切ること
が大切になってきます。

置きにいってしまうと結果的に
打たれてしまったり
ボールを見極められてしまいますが
しっかりとしたフォームで
勢いのあるボールを投げていれば
相手の打ち損じや
ボール球でも見極めきれずに
振ってきてくれる可能性があります。

試合中ここぞの場面でストライクを
いれたいという気持ちはわかりますが
そうした時ほど置きにいかないで
投げられるだけの自信とテクニックを
練習で身につけて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です