汗と体重


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

5月も終わりが近づき
そろそろ暑い夏に近づいてきました。
そんな夏が迫ってくると
注意をしなければいけないことが
あります。

それは熱中症や脱水症状です。

まだまだ5月ではありますが
油断をしていると
5月でも熱中症になってしまうことは
十分にありますので
注意が必要です。

熱中症で最も
気をつけなければいけないことは
水分補給です。

人間の体の
50~60%は水でできているため
汗によって水分が抜けてしまうと
体が動くために必要な
水分が不足してしまうため
脱水症状を起こしてしまう可能性もあります。

実際激しいトレーニングなどを
行うと体重の2%が水分によって
失われると言われています。

つまり75kgの選手であれば
激しいトレーニングを行い
汗をかくと1.5kgほどが体重から
引かれてしまうのです。

このまま水分補給をしなければ
非常に危険な状態になってしまいます。

こうした水分不足の状態で
次の日も同じような練習を続けて
汗をかいていけばすぐに
体調を崩してしまうことは
想像がつくことでしょう。

もちろん水分は食事にも
含まれてはいますが
汗で失った分をしっかりと
給水を入れることで
体重を保つことも大切になってきます。

ただ選手一人一人を
管理することは
監督やコーチたちだけでは
難しいことです。
そのため
選手一人一人の
意識が大切になってきます。

簡単にできる
取り組みとして
練習前に体重を計り
記録しておき
練習後汗をかいた後に
もう一度体重を計ります。

そこで1.5kg~2kg体重が
軽くなった選手は
当たり前ですが
トレーニングによって
脂肪が燃えて痩せたわけではありません。

先ほども言った通り
ここで減った体重の
ほとんどが身体中の水分です。

その日のうちに
体重が元に戻るように
水分補給をしておくだけでも
ある程度熱中症や脱水症状の
リスクを下げることに
繋がるでしょう。

これからの時期
体重を維持をするだけでも
難しいところですが
夏に向けてパフォーマンスをあげたければ
むしろ体重を増やすことが
必要な選手もいることでしょう。

そうした選手は
食べるだけではなく
こうした適度なタイミングでの
水分補給も重要になってきます。
また、保護者の方も
選手の体重には気を配り
あまりにも体重が減ってしまう選手には
十分に注意をして見てあげるように
してください。

これから夏にかけて
徐々に気温が上がっていき
9月ぐらいまでは
連日暑い日々が続くことが
予想されますが
十分注意をして乗り切っていきましょう。

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です