切り替えも大切な技術


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

試合を積み重ねていくと
良くも悪くも結果が付いてきます。

良い結果が続いている
時であれば
何も心配しなくても
ポジティブな思考状態に
あるので当分の間は
結果が付いてくることでしょう。

実際プロ野球の世界でも
バッティングの場合
打率が高い選手というのは
数字を出すことによって
良い状態が続いていれば
当然良い打率が残っているので
ある程度余裕を持って
打席に望むことができます。

その余裕があるからこそ
打席でも良い結果が続いていくため
良い循環へと入っていくでしょう。

しかしながら
状態が悪く打率も
低くなってくると
どうしてもネガティブ思考に
陥ってしまいやすくなり
打席での余裕がなくなり
余裕がないことでさらに打てない
といった悪循環へと入って
いってしまいます。

こうした悪循環に入ってしまうと
いくら実力があっても
それを発揮することができないまま
シーズンが終わってしまう
ということもあります。
今シーズンも何人かの
実力ある選手が
開幕のスタートダッシュに失敗し
低い打率から抜け出せずにいます。

このように結果には
技術的な実力だけではなく
精神面も大きく影響を与えるため
メンタル面を無視するわけには
いきません。

こうした時に必要なのが
試合中でも良く言われる
「切り替え」です。

この切り替え
というのは普段なにげなく
口にしたり耳にしたり
することがありますが
これもれっきとした技術の
一つだと考えることができます。

イチロー選手が
以前このようなことをインタビューで
語っていました。
「何打席もノーヒットが続いた時
どうしますか?」
という問いかけに対して

10打席連続で
凡退してしまった時
10打席連続凡退と
考えるとネガティブになってしまうが
例えば最後にヒットを打ったのが
前日の最初の打席でその後
4回凡退し5打数1安打
次の日がダブルヘッダーで
最初の試合が
3打数ノーヒット
2試合目が3打席凡退した後に
1安打を打って
4打数1安打だと考えると
この間も10打席連続凡退になるけど
1日に1本ヒットを打てている
と考えるととても気持ちは
楽になる。
実際こうした考え方に
救われることが多い。

イチロー選手はこのように
同じ10打席連続凡退であっても
見方や捉え方を変えることによって
切り替えを行なっていたのです。

MLBの試合の多さを考えれば
ずっと調子が良い状態でいることは
不可能でしょう。
大切なことは悪い状態に陥った時に
そこからすぐに抜け出すことです。
そのためにはこうした切り替えが
できる思考力はとても重要であり
これこそがプレッシャーの中
10年連続で200安打を達成してきた
秘訣でもあるのでしょう。

あなたも自分がミスしてしまった時や
悪い状態が続いている時を
思い浮かべて
多少強引でもいいので
見方や捉え方を変えて
切り替えを行う練習を行なってみては
いかがでしょうか?

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です