サインプレー〜サインを出す側〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の魅力の一つに
サインプレーというものがあります。
例えば
攻撃側であれば
・バント
・エンドラン
・スクイズ
・単独スチール
など

状況に応じてより効率的に
得点を奪うために
監督が選手へ向けて
サインを出しそれを選手が
実行します。

守備側であれば
・牽制
・球種
・守備位置

これらを選手同士
サインを交換して意思疎通したり
チームによっては重要な場面では
ベンチからサインを出したりします。

こうしたサインプレーが
上手く決まれば
試合展開を優位に進めることができ
勝利に近づくでしょう。

しかし逆にサインプレーが
上手く決まらなかったり
サインミスをしてチャンスを
逃してしまったりすると
流れが悪くなり一気に負けムードに
なってしまうこともあるでしょう。

ではこうしたサインプレーを
効果的に試合で決めるためには
どのようなことが必要でしょうか?

それにはいくつかの
ポイントがあります。

その一つが
選手一人一人が
何ができて何ができないのかを
把握しておくことです。

例えば
足が遅い選手に盗塁のサインは
出せません。
またバッティングが良くても
バントが苦手な選手もいるでしょう。
そうした選手にわざわざ大事な場面で
バントのサインを出す必要もありません。

仮にそのサインを監督が出して
失敗をすれば
それは選手の技術の問題であっても
明らかにサインを出した監督側の
サインミスと言わざるを得ないでしょう。

こうしたことからまず第一に
選手一人一人の技量を確かめておくことが
必要でしょう。

盗塁を出す場合であれば
塁間のタイムを把握し
そのタイムと相手バッテリーの
クイックタイムと二塁送球タイムを
比較すればある程度盗塁の成功率は
見えてきます。

これにより盗塁ができる選手と
できない選手のラインを知ることができます。

また単独スチールが難しければ
エンドランなどを仕掛けますが
これもまたバッターにミートの技術が
なければ難しいものです。

最悪の場合空振りをしてカウントを稼がれた上に
ランナーは盗塁死してしまい
チャンスは一気に潰れてしまうでしょう。

これもデータを取るのは
大変ですが打者のコンタクト率を
把握しておけばエンドランを出しやすい選手と
出しにくい選手がはっきりしてくるでしょう。
さらに細かくデータを取りたければ
球種ごとや左右投手別のコンタクト率
などを出せると作戦の成功率は
上がっていくでしょう。

もちろん
こうしたことはデータを取らなくても
監督が選手をよく見ていれば
ある程度把握しているかもしれません。
しかし、今の時代こうしたデータは
あるに越したことはありません。

ここまではサインを出す側の
話でしたが
逆にサインを出される側は何を
考えればよいでしょうか?
次回はサインを出される側の
選手が考えるべきことをお伝えしていきます。

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です