硬式野球を始めたばかりの選手へ


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ゴールデンウィークも終わり
やっといつも通りの生活が戻ってきた
という人も多いと思います。

野球をやっている選手たちにとっては
連休というよりは連日の練習で
体にだいぶ疲労が溜まっているかもしれません。

さてこの春からチームが変わり
新たに硬式野球を始めたという選手も
多いことでしょう。

そうした選手たちは
この連休中にたくさんのボールを
投げたと思います。

その結果肩や肘に
痛みは出なかったでしょうか?

特に中学生になったばかりの
体が未発達で成長段階にある選手に
とって硬式ボールを投げるということには
多少なりともリスクがあります。

ましてや軟式ボールと同じような感覚で
投げていてはあっという間に
怪我をしてしまい
最悪の場合これから先ずっと
怪我の痛みとの戦いを強いられることに
なってしまいかねません。

厄介なことに
こうした怪我の兆候というのは
ボールを投げたすぐ後というよりは
蓄積されていき強い痛みを感じてき時には
すでに手遅れで長期離脱を余儀なく
されるというケースが多いのです。

こうしたことに
ならないために
気をつけなければ
いけないことは
大きく分けて4つ

まず一つ目は
肩周りの可動範囲を
広げること

柔軟性を上げることで
体への負担を少なくし
軽い力でボールを投げることが
できます。

ボールを投げる前に
ストレッチを行うのは
もちろんですが
それ以外でも十分に
ストレッチを行い
可動範囲を広げるようにしましょう。

次に大切なことは
筋力です。

投げることにそこまで
筋力は入りませんが
何百球、何千球とボールを投げると
なるとある程度の筋肉をつけて
体をカバーしなければ
ボールを投げる衝撃に耐えられず
怪我につながってしまいます。

特に肩周りと
上腕二頭筋は
ある程度なければ
すぐに怪我につながってしまうので
注意しましょう。

筋力をつけることと
柔軟性を高めることは
対極にあるように
思われがちですが
バランスよく鍛えれば
どちらも両立させることはできます。

次に必要なのは
ケアです。

ボールを投げた後
しっかりとケアをしていますか?
ストレッチで筋肉をほぐしたり
サポーターをつけるなど
するだけでも体への負荷は変わってきます。

また冷たい水と温かいお湯に
浸かるのを繰り返し行う
交代浴にによって体の回復力を
高めるという方法もあるので
試してみましょう。

最後に大切なことは
フォームです。

どんなに良いフォームで
ボールを投げても怪我をしてしまうことは
ありますが
やはり効率の良い投げ方をした方が
怪我のリスクは少なくなります。

特に軟式野球から硬式野球に
変わった選手はボールが重くなったことで
今までと同じようには投げられなくなって
しまいます。

初めの頃は
うまくリリースがつかめず
ボールが上に抜けてしまうことは
ありませんでしたか?
そうした選手は注意が必要です。
ボールが重いことで自然とリリースが
早くなってしまいボールを押し出すように
投げてしまっている可能性があります。
そのまま投げ続けていると
怪我につながってしまう可能性が
ありますので改善をしていきましょう。

また下半身をうまく使えないと
上半身の力だけで投げることになり
そのままそれが肩や肘への負担になってしまうので
気をつけましょう。

以上のポイントに注意をして
怪我をせず存分に野球ができる
状態を維持しましょう。

PS
自分のフォームが正しいかわからない
みてもらいたいという方は
ぜひこちらの通信動作解析を
お試しください↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です