何かを起こすために「当たり前のことを徹底する」


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校生にとって
夏の大会の前哨戦となる
春季大会が各地で開催され
予選から本戦まで熱い戦いが
繰り広げられています。

私も10年前まで高校野球を
やっていましたが
公式戦の独特の雰囲気は
今でも鮮明に覚えています。

各地の試合結果を見ていると
評判通りの力を見せるチームも
あれば予想を覆すような
結果となった対戦も数多くありました。

全国でも名の知れた
強豪校が順当に勝ち上がってきたかと
思えば無名の公立校に
敗れてしまうこともあります。

中でも今年の春
あなたも衝撃を受けたのは
選抜高校野球を圧倒的な
打力で制した愛知の東邦高校が
愛知県の春季大会初戦で
まさかの敗退をしたことではないでしょうか?

こうした結果を見ると
改めて一発勝負の野球の怖さを
知るとともに
「何が起こるか分からない」という
高校野球の面白さを再認識
させられます。

どんなに実力があっても
一発勝負のトーナメントでは
何が起こるかわかりません。

それだけに
初戦の入り方や
勝ち上がり方が
その後の勝敗に大きな
影響を及ぼしていきます。

まず初戦を勝ちきることが
チームとして実力を発揮できるか
どうかの分かれ目ですが
勝ち上がっていけば
必ずどこかで自分たちよりも
格上のチームと当たることに
なります。

そうした時
勝ち上がってきた勢いを
そのまま活かすことができれば
一発勝負である限り
何が起こるかは分かりません。

ですが何かを起こすには
何かを起こせるだけのレベルに
達している必要があります。

例えば
いくら野球に何が起こるか分からない
といってもさすがに高校生が小学生に
負けることはありえません。

それがたとえ
日本一の小学生のチームであったとしても
高校野球を普通に3年間やっていれば
負けることがないことは想像が
つくと思います。

これは極端な例ですが
高校野球でもやはり番狂わせを
起こすには勢いだけでなく
ある程度のレベルにチームが
達している必要があります。

今回の東邦高校を倒した
中部第一高校野球部も
全国的にはまだ有名ではありませんが
試合を見ると確かな実力を
持ったチームだと感じました。

このことから
何を伝えたいのかというと
野球は試合をするまで
「何が起こるか分からない」
とは言いつつも
「何かを起こすにはそれなりの準備がいる」
ということです。

春季大会で惜しくも
負けてしまったチームは
悔しさが残っていると
思います。

そうした悔しさを
晴らすためには
夏に全てをかけるしかありません。
しかしこの残りの3ヶ月で
できることも限られています。

そこで徹底して欲しいことは
当たり前のことを当たり前にする
ということです。

全力疾走
丁寧なキャッチボール
サインの確認
守備の連携の確認

試合で勝つためには
まず自滅をしないことです。
自滅を生む可能性が
高いのが上の4つの項目です。

攻守交代や走塁での
全力疾走

送球ミスを減らすための
丁寧なキャッチボール

攻撃、守備のサインの徹底

守備のカバーなどの連携確認

これらは3ヶ月徹底して
行えば確実に
結果が付いてきます。

夏に「何かを起こす」ためにも
こうした当たり前のことを
今一度振り返って
確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です