コントロールUPの参考に〜下半身と上半身のバランス〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ピッチャーにとって
コントロールは生命線です。
高校生であればある程度の
コントロールを持ちボールを投げることが
できますが
少年野球においては
ストライクを取るのにも
苦労をすることが多いでしょう。

そうしたピッチャーに
気をつけていただきたいことは
上半身と下半身のバランスです。

ピッチャーに限らずですが
野球においては下半身と上半身の
バランスがとても大切です。

なんのバランスかというと
出力する力のバランスです。

この調整がうまくいかなければ
いくら目一杯ボールを投げたところで
意外とボールは速くはならず
さらにコントロールも悪くなってしまうでしょう。

ではどのように下半身と上半身の力の
バランスを調整すれば良いのでしょうか?

まず知っておいていただきたいのは
人間は上半身の方が
器用に体を操ることができるということです。
つまり「速い球を投げよう」と考えた場合
扱いやすい上半身に力が入ってしまいがちです。

この時ある程度の
経験があれば上半身の力に合わせて
下半身も力を入れることができます。
しかし経験の浅い小学生ではそうはいきません。

速いボールを投げようとするあまり
上半身の力を強く使い過ぎてしまい
下半身と上半身の力のバランスが
悪くなり結果として不安定な下半身の上に
上半身が暴れた状態になってしまうので
コントロールが乱れてしまうのです。

こうした時
リリースの形を見ると
多くの選手が
顔をキャッチャー方向ではなく
上を向いたり下に振ったり
乱れさせてしまいます。

この状態ではボールをコントロール
することは難しいでしょう。

改善するためには
上半身の力を
2割程度落とすことです。
感覚的なものですが
そうした気持ちを持つことができると
下半身と上半身の力のバランスが
良くなっていきます。
結果的にコントロールも良くなっていきますが
効果はそれだけではありません。

力を抜いて投げているにも関わらず
多くの場合球威もボールのキレも
良くなっていくのです。

不思議に思うかもしれませんが
上半身の力が強すぎる場合
リリースが安定せず投げたい方向へ
力がうまく向いていないことが
多くあります。
その結果、本人の力感ほどボールは
強くいってくれないのです。

それよりも上半身と下半身の
力のバランスを整えること
リリースを安定させた方が
力が投げたい方向へ効率よく
向かっていってくれるので
力を入れて投げるよりも
良いボールがいくようになるのです。

こちらは改善前と改善後の
リリース比較です。
右側の写真は力一杯投げたことで
リリース時に顔が一塁側を向いていますが
左側は上半身の力を
抑えて投げる意識をしたことで
リリースが安定し顔もキャッチャー方向を
向いています。

ぜひコントロールが安定しない
という選手は力の抜き加減や
調整をキャッチボールから意識して
取り組んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です