捕手配球とは?part2~打者のタイプ分け~


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は捕手の配球について
考え方の概要を伝えていきました。
今回は打者の観察について
詳しくお伝えしていきます。

まずバッターの傾向を
フォームから推測します。
スイングに無駄がないか?
苦手そうなコースはないか?
突っ込んできていないか?

例えば
フォームを見て上体が伸びきっている
ような選手は低めやインコースを苦手と
していることが多いです。
逆にオープンスタンスの選手は
インコースを振りやすいため
インコースは危険かもしれません。

しかしタイミングが速い選手に対しては
それを逆手にとり
インコースに遅い球を投げることで
ファールをとりストライクを
稼ぐことができるかもしれません。

次に打順です。
打順は基本ですが
良いバッターは
上位に集中しており
特に一番とクリーンアップには
注意が必要です。

大切な考え方は
全員を完璧に抑える必要は
ないということです。

長打などのリスクを回避し
ランナーを出しても9人の中で
ピッチャーとの力量を考えて
打てそうにいないバッターが
いればそこで勝負をすれば良いのです。
前の打席の結果などを考えながら
2順目以降はどのバッターでアウトを
取っていくのかを冷静に見極めて
危険なバッターには長打にならないように
際どいコースやアウトコースや低めなどを
丁寧にせめていく配球を行いましょう。

そして最も重要なことに
打者のタイプを知ることが
あります。

タイプは大きく分けて4つ
・球種を絞ってくるバッター
・コースで絞ってくるバッター
・一球ごとに配球を読んでくるバッター
・全てのボールを打ちにくるバッター

何も考えずに全てのボールを
打ちにくるバッターは
様々な球種を投げる中で
苦手なコースや苦手な球種を
見極めることができれば
一試合全てそこをついていけば
抑えることができるでしょう。

しかし、稀に全てのボールに
反応ができてしまうがゆえに
全てのボールを打ちにくる
天才的なバッターもいるので
注意しましょう。

球種を絞ってくるバッターは
速球系と変化形のどちらに球種を
絞ってきているのか見極めましょう。

甘いボールを反応せずに
見逃してきた場合は
その球種を狙っていなかった
可能性があります。

その場合はその球種でせめていったり
決め球に使っていきます。
もちろんその球種ばかりを投げていれば
相手に読まれたり球種に
慣れたりしてきてしまうため
あえて相手の狙い球を厳しいコースや
ボール球に投げることで手を出させたり
ファールを打たせたりしてカウントを稼ぎます。

このように球種を絞ってくる
タイプの選手には相手の狙っている
球種を探ることを心がけましょう。

また球種を絞ってくるバッターでも
良い選手ほど甘い球であれば
狙っていなくても簡単にヒットを
打ってくるので注意をしておきましょう。
一般的にはストレートを狙って
変化球に反応するバッターが多いですが
中には変化球を狙って真っ直ぐに反応をする
選手もいるので警戒しましょう。

次にコースで絞ってくる選手です。
インコース狙いもしくは
アウトコース狙い
さらには打者有利のカウントで
真ん中だけを思い切って狙ってくる
バッターもいます。

こうしたコースで狙いを絞ってくる
バッターは一球一球のボールに対する
打者の反応で狙いを見極める必要があります。

例えばインコースの速球に対しても
変化球に対してもスイングや反応を
してきた場合や
アウトコースに一切反応をしてこなかった
場合はインコースに狙いを
絞ってきている可能性があります。

この場合は
インコースは見せ球もしくは
ファールを打たせるような
厳しいコースをせめていき
基本的にはアウトコースで勝負を
するようにしていきましょう。

最後に一球ごとに配球を
読んでくるバッターです。

このタイプは捕手であることが
多いですがピッチャーでも同じように
配球を読んでくるバッターがいます。

こうしたバッターの場合は
「分かりやすい配球」は
避ける必要があります。

例えば
2球続けて変化球を
ボールにした後のストレートなどは
配球を読まれて狙われやすく
その裏をつく配球をする必要があります。

上手く裏をつくことができれば
多少甘いコースであっても
見逃したり空振りをしてくれるので
思い切ってサインを出していきましょう。

基本的には2ストライクに追い込まれれば
狙い球を捨てて全てのボールに
反応をしてきます。
それによりボール球の変化球でも
手を出してくれるのですが、

狙い球を捨てたことで
こちらが安全だと思っていた
ボールを打たれてしまう可能性も
あるので2ストライクを取った後は
投手有利でもあるので焦らずに
余裕を持った配球を心がけましょう。

対戦相手のデータが
ない場合は一巡目でどれだけ
データを集められるかが重要です。
一球ごとの反応や振ってきたボール
打席結果を参考にしながら
根拠のある配球を後半戦にすることが
できればチームを勝利に導くことが
できるでしょう。

前回の最初にもお伝えしましたが
配球は結局のところ
結果論であることは間違いありません。
しかしそれでも確率を考えた
根拠ある配球を心がけていくことが
チームの勝率を高めることに繋がります。
あなたも「勝てる捕手」を目指して
根拠ある配球を行なっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です