バッティングの勘違い「開くな」


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングの指導をしている時
選手を見ていると開かない
という意識からか
踏み出した前足を
ピッチャーに対して
垂直に閉じたまま
スイングをしてしまう選手が多くいます。

確かに体を開きすぎてしまうことは
ミート率や飛距離にも影響を与える為
決して良いこととは言えません。

しかしながら
このように足を閉じすぎてしまうことで
返ってパフォーマンスを下げてしまっている
選手が多くいるように感じます。

上の画像を見ると
スイングが終わっているにも
関わらず前足のつま先が
ピッチャー方向を向かず
開きを押さえた状態になっています。

これを開くなと指導をしている人が
見るとよく足を閉じていると
評価をしてしまうことでしょう。
しかしそれは本当の意味での
開きを理解しているとは言えません。

おそらくそう教わったから
意味はわからないけど
選手にもそう教えている
といった具合ではないでしょうか?
そうした指導は指導者の自己満足に
過ぎずその犠牲者は常に選手に
なってしまいます。

あたなももしかしたら
実際にそういった指導を受けたことが
あるのではないでしょうか?

もちろんある程度の部分までは
前足を閉じておくことも必要です。
しかしフォロースルーをするあたりでは
逆にピッチャー方向につま先を向けて
開いていかなければ正しいスイングに
なっているとは言えません。
プロ野球選手の画像を見ていきましょう。

まずトップに入る直前の
画像を見ていきましょう。

この段階ではやはり
骨盤の開きを抑えるように
前足を閉じていることが分かります。

しかしインパクト後を見てみると
どうでしょうか?

インパクト後を見てみると
このように前足を開いていることが
分かると思います。

こうしてみると
いかに最初にあげた
足を閉じ過ぎてしまう
フォームに違和感があるかが
わかっていただけると思います。

足を閉じすぎることによるデメリットは
骨盤が最後まで回りきらないこと。
体重が前に乗り切らないことで
前足に軸が移動しないこと。
そしてインコースを
さばきにくくなってしまうことです。
実際に足を閉じ過ぎてしまう選手は
体の開きばかりを気にして
打球を引っ張ることができず
詰まった打球ばかりを打ってしまいます。

言葉というものは
難しいもので開くなということは
簡単ですがその解釈の仕方は
無限にあります。

この説明を聞いても
「じゃあ開けばいいのか?」と
少なからず誤解は生まれてしまうことでしょう。
しかしそうした意識の変化や常識を
疑うことから成長や
新たな感覚をつかむことができるので
一度あなたも思い切って「開いてみる」
というのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です