走塁意識〜2塁ランナー編〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は1塁ランナーでの
走塁意識の基本をお伝えしていきました。
今回は1塁ランナーとかぶる部分も
ありますが2塁ランナーの場合について
お伝えしていきます。

まず2塁ランナーの場合に
考えられる作戦は
・バント
・エンドラン
・盗塁
・グリーンライト
・ノーサイン
がありますが

バント以外はほとんど
ノーサインというケースが
多いと思います。

バントの場合はまず
気をつけなければ行けないことは
やはり飛び出すことによる
キャッチャーからの牽制アウトです。

どうしても
3塁でアウトになりたいくない
という心理から足に自身がない
ランナーほどスタートを良くしようと
した結果バントの空振りなどで
飛び出してしまうことがあります。
しかしこれは最もやっては行けない
ミスですのでまず第一に
頭にいれておきましょう。

ある程度しっかりとした
第二リードをとって
しっかりとしたバントを決めてくれれば
セーフになるので
リードをとってアウトになってしまうのならば
バントが悪かったということです。

もちろんピッチャー前に
強いバントが行ってしまった場合は
塁が埋まっていなければ
ランナーとしては戻るという勇気も必要でしょう。

バントの理想は3塁手にボールを
捕らせることです。
そうすれば確実に2塁ランナーは
3塁に進むことができるでしょう。

先ほどもお伝えしましたた
1塁ランナーの時と同様に
第二リードはしっかりと
取るようにしましょう。

理想はノーサインの時でも
大きくリードをとり
打たなかったりバントをしなかったり
する時はすぐに帰塁を心がける
余裕がある選手は
わざとキャッチャーに2塁牽制を
投げさせるぐらいのリードが取れると
良いでしょう。

そして打球判断です。
これも1塁の時と同様に
守備位置を確認します。
特に外野に飛んだフライや
ライナー性の打球は外野の守備位置を
確認しておかなければ
良いスタートを切ることはできません。

2塁ランナーとしては3塁に進むことよりも
ワンヒットでホームまで生還をしてもらいたいので
必ず守備位置の確認を行いましょう。

そしてもう一つ2塁ランナーにとって
難しいのはゴロの判断です。
ランナーが埋まっている時や
(1,2塁の場合など)
自分から見て左側に飛んだ打球は
無条件でゴロはスタートを切る必要が
ありますが
2塁ランナーのみの場合
自分から見て右側に打球が飛んだ場合は
3塁でアウトになってしまう可能性が
あります。

例えばショートがボールを捕球し
そのまま3塁に投げればタッチアウトに
なってしまいますし
3塁に打球が飛んでいるのに
自分が3塁に向かってしまえば
自分からアウトになりに行くようなものです。

しかし打球によっては
三遊間を抜けていくヒットだったり
3塁前のボテボテのあたりの時は
3塁ベースがガラ空きになるので
スタートをきればセーフになる場合も
あるので頭にいれておきましょう。

・ゴロのスタート判断
・バッターのセーフティーバント
・ライナーバック
・フライの場合のハーフウェイ
・タッチアップ
・牽制
・キャッチャー牽制
・外野手の守備位置
・外野手の肩の強さ
・アウトカウント
・点差

これを毎回確認して
からリードをとりましょう。

次回は3塁ランナー編を
お伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です