野球偏差値とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「野球偏差値」という言葉を
聞いたことがありますか?
この言葉に明確な定義や
具体的な数字はありませんが
頭脳的プレーをした時に
このような言葉がよく使われます。

頭脳的プレーを
することができる選手というのは
野球をよく理解し
試合のなかで流れを変えることが
できる選手であり
チームに一人は欲しい存在でもあります。

では一体頭脳的プレーとは
どのようなプレーのことを
いうのでしょうか?

ここではいくつか頭脳的
プレーを紹介していきます。

まず一つ目は
偽投(ギトウ)を使ったプレーです。
偽投とは簡単に言えば
投げるふりです。

例えば
1アウトランナー1,2塁の場面
ショートに緩い打球が
飛んできたとします。
この時二遊間は打球が
セカンドベース寄りであれば
6-4-3のダブルプレーを狙います。

しかし打球が緩かったため
1塁ランナーはアウトにできても
バッターランナーをアウトにすることは
難しそうです。

そうなってくると
セカンドはショートから
ボールをもらってベースを踏み
一塁に送球をすることは
無駄になってしまいます。

ここで偽投を使います。
セカンドは1塁に投げるふりをして
3塁にボールを投げます。

その結果
2塁ランナーが3塁を回って
ホームを狙うためのオーバーランを
取っているところをアウトにする可能性が
あります。

もちろん偽投をランナーは
みていないかもしれませんが
ランナーコーチャーは確実にみています。
そのランナーコーチャーを
騙すことができれば
成功確率は高くなるでしょう。

また打球のスピードや
ランナーの走力や動きによっては
偽投を入れているとアウトにできないので
すぐに3塁へ投げてしまうのもパターンとしては
有りうるので頭に入れておきましょう。

この偽投は中継プレーなどにも
応用ができるので色々と試して
みましょう。

もう一つ
頭脳的プレーを紹介します。
これはプロ野球でも
たまに使われるプレーです。

守備の際
外野に打球が飛び
ランナーをクロスプレーで
刺したい時に使われます。

特に3塁や本塁での
クロスプレーの時
ランナーは打球や中継プレーの
ボールを直接見ることができません。
そのためランナーコーチャーの
指示を見てスライディングをするのか
進塁をするのか
オーバーランをとるのかを判断します。

しかしそれ以外にも
無意識に見て
判断してしまうものがあります。
それは3塁手と捕手です。
それを逆手に取ります。

通常であれば
クロスプレーのボールを受ける
3塁手や捕手はボールを受ける
ために腰を低くし捕球体勢を取ります。

それを見るとランナーは
「ボールが来る」と思いスピードを
緩めずにスライディングを行うでしょう。

しかしこの時に
腰を低くせず全くボールが来ていない
ようなふりをしたらどうでしょう?

このような体勢を見たら
ランナーとしては
「まだボールは来ていないな」
と思ってしまいませんか?

この体勢をあえてとることで
スピードを緩めさせることが
できれば
間一髪のクロスプレーを
アウトにすることができます。

こうしたプレーは
真似をすることでできるようになったり
一瞬のひらめきで新たなプレーを
行うことができたりします。

しかしまず大前提として
必要なことは
そのプレーを行うだけの
技術と使うタイミングを
心得ているかと言うことです。

発想力
実行力
タイミング
この3つがうまく合わさった時に
頭脳的プレーが完成し
野球偏差値が高い選手だと
評価されるのです。

もちろんこうした
トリックプレーの他にも
進塁打を打つことや
状況に応じた
チームバッティングができることも
野球偏差値の高さにつながってきます。

ぜひあたなもこうしたプレーを
参考に野球偏差値を高めていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です