中央学院高校野球部


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日千葉県にある
高校野球の強豪校
中央学院高校さんに
お伺いさせていただきました。

中央学院高校さんは2018年
春の選抜高校野球に初出場し
夏も西千葉大会を制し見事
夏の甲子園初出場を成し遂げ
今最も千葉で勢いのある高校です。

そんな中央学院高校に
ご縁があり練習を
見学させていただきました。

野球部には
学校の中に専用グラウンドがあり
両翼90mと立派な球場となっていました。
春を迎えればこのグラウンドを利用し
たくさんの練習試合を行っているそうです。

中央学院高校を
率いるのは相馬監督です。

相馬監督は市立船橋高校で
甲子園にも出場されており
その後は大阪体育大学
社会人野球の強豪シダックスと
常にトップクラスで野球をされてきた
経験豊富な方です。
そうした選手としての豊富な経験が
練習にも生かされていることが伺えました。

練習でまず驚かされたことは
アップです。
中央学院高校のアップは
他の高校野球チームとは
全く異なり「ダンス」を行っています。

この日も寒さがありましたが
ダンスを行うことにより
十分に温まったところから
練習を始められていたようです。

さらにその後も
ストレッチ系のメニューや
ネットスローなどを
選手一人一人が黙々と
入念に1時間近く行っており
ました。

チーム全体として
同じメニューを行ってはいましたが
ストレッチなどを行うときは
コーチが一つ一つの動作に対して
指導をすることはあっても
一人一人が自分のやるべきことに
集中をしており一言も言葉を発することなく
練習に取り組んでいました。

この様子は高校野球というよりも
プロ野球や社会人のような
雰囲気に近いところがあるかもしれません。

また話を聞いていると
肉体強化系のトレーニンングでは
通常チームで同じトレーニングメニューを
こなすことが多い中
中央学院高校では
それぞれの選手の特徴や
状態に合わせて
練習メニューを個別に組み上げるなど
しているそうです。

コーチ陣やスタッフも充実しており
この日も監督の他に3人のコーチが
練習を指導していました。
その指導も選手の動作・プレーの
一つ一つをよくみており
ミスとはいえなくても少しでも
違和感があればその都度
選手にそれを伝えていることが
印象的でした。

部員が多く指導者が
足りていないチームが多い中
これだけの指導が受けられる高校は
なかなか珍しいのではないでしょうか?

中央学院高校は
2018年見事春夏連続で
甲子園初出場を成し遂げましたが
この練習内容を見ると
それは決して偶然ではなく
必然的な理由があることが
わかりました。

こうした高校野球の
最先端を行く練習や環境は
まだまだ全国的には知られて
いないかもしれませんが
これから中央学院高校野球部への
注目度はさらに増していき
近い将来に黄金期を迎えることを
予感させられました。

もし少しでも興味を持った
中学生の選手は
ぜひ一度中央学院高校の練習を
見学してみると良いかもしれません。

中央学院高校野球部の
関係者の皆様誠にありがとうございました。
これからのさらなる活躍を
願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です