あなたのベスト体重は?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球などでは
昨今体重を増やすことで
パフォーマンスをあげるという
考え方があります。

確かに体重を増やすことで
打球が飛びやすくなったり
速球が速くなったりすることは
あります。

しかし、もちろんそれが全てではなく
体重の中の筋肉の割合がどれぐらいあるのか
ということもとても大切です。

また体重を増やせば増やすほど
良いというわけでもなく
体重を増やしすぎたことで
走塁や守備に支障が出てしまう場合や
足腰にかかる負担が増えることで
怪我をしてしまうリスクも高くなって
しまいます。
(単純に体重が増えたから足が遅くなるとは
限りませんが)

小学生や中学生は身長の変化もあるため
体重は成長とともに増えていくことが多いですが
高校生や大学生以上の選手となると
身長の変化があまりなくなることで
同じような生活をしていれば
体重の増減がしづらくなります。

そのため
少し食事や運動量を減らせば
体重が減り
逆に筋トレや食事をたくさん摂ることで
体重を増やすことができます。

そこで考えて欲しいことは
自分のベスト体重を知ることです。

体には個人差があるように
自分にとってベストとなる
体重にも個人差があります。

体重が変わったことで
フォームは何も変えていない
はずなのに球速が出なくなったり
飛距離が出なくなってしまう
といったことが時々起こります。

そうした時に
もし自分の調子が
よかった時の体重を知らないと
どうでしょうか?

もしかしたら無駄に体重を減らしてしまったり
体重を増やしてしまい
逆効果になってしまうかもしれませんよね?

だからこそ
調子のブレをなくすために
自分の体重を常に把握しておき
自分のパフォーマンスが高い時の
体重がどれくらいなのかを知っておく
必要があるのです。

もちろん最初に話したように
ただ体重を管理するだけではなく
同じ体重でも筋肉量の
違いなどもパフォーマンスには
影響してくるので
どれくらいの強度の
練習を行いどれくらいの
食事をすれば
ベストの体重でベストの
筋肉量となるのかも知っておけると
良いと思います。

小・中学生の場合は
そうしたことを考えるよりも
まずは栄養の偏りなく
適度な食事を摂ることで
体を成長させることが大切です。

無理に食べ過ぎることで
消化しきれず
逆に成長期を逃してしまうことも
あるようなので注意をしましょう。

いずれにしても
野球選手にとって
自分の体はとても大切なものなので
食事を摂るにもトレーニングを
行うにもまずは自分の体重を常に
測ることを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です