左投手の球は〇〇へ打て?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日ソフトバンクホークスの
柳田選手が自主トレの中で
左バッターの場合
右投手のボールは逆方向へ
打つイメージであると話をしていました。

これは右バッターであれば
左投手のボールを右中間
左バッターであれば
右投手のボールを左中間に
向かって打つことになりますが
そのイメージの意味を少し
考えてみましょう。

まず左右の投手を比べてみたとき
どこに違いがあるでしょうか?

細かく話をすると
左右の投手ではフォームそのものが
違うのですが
分かりやすい違いを考えた時
真っ先に浮かんでくることは
利き腕の違いによる
ボールの軌道の違いです。

右投手は右手から
左投手は左手からボールを
投げるため
それぞれリリースポイントが
異なります。

もちろん完全に真上から投げれば
同じになるかもしれませんが
実際にはそうしたことには
なりません。

左投手のリリース位置↓

右投手のリリース位置↓

このように右投手は三塁ベース寄りから
左投手は一塁ベース寄りから
ボールを投げることになります。

しかし左右どちらの投手もボールを
投げこむのはホームベースに向かって
のみです。

そのため
ボールの軌道は下図のように
違いが出てきます。

センスの良い人であれば
気が付いたかもしれませんが
こうしてると右バッターが
左投手のボールを右中間へ
打った方が良い理由が分かると思います。

仮に強引に左投手のボールを
引っ張りに行き過ぎてしまうと
ボールの入射角度に対して
バットを出す角度がつき過ぎてしまいます。

その結果上手く
ボールに力が伝わらない
恐れがありボールを捉えても
意外とアウトになってしまうことが
あるかもしれません。

しかし強引に引っ張らずに
右中間へ打つイメージがあるとどうでしょうか?
ボールの入射角度に対して
バットが垂直に当たることになります。
当然ですがこの方が
ボールがバットに当たった時の
反発は大きくなります。

その結果飛距離が伸びることが
想像できます。
また多少ミスショットをしたとしても
しっかりとこの角度でボールと
バットが当たっていれば
ヒットゾーンに打球が飛んでいく
可能性が高くなるのです。

柳田選手はどのような
意図でこうしたことを話したのかは
実際に話を聞いてみなければ
分かりませんが
こうしてプロ野球選手の
話を聞いてその理由を考えてみることは
とても自分にとってプラスに
なることでしょう。

ぜひ言われたままやるのではなく
なぜやるのかというところを
突き詰めていって欲しいと思います。

PS,もちろん
左投手のボールを全て
右中間へ打てというわけではありません。

左投手のボールをレフトスタンドに
打つことも特に間違いというわけでは
ありません。

ですが
左投手をもし苦手にしている選手がいれば
実践してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です