体が小さいから小さいスイング?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

少年野球や中学野球、高校野球でも
昔からバッティングは
大きいのを狙わずに
コンパクトに叩きつけるような
バッティングをしろといった
ことを教わることが多いです。

その背景としては
三振やフライを打つことで
相手に簡単にアウトを与えてしまうことを
良しとしない風潮があるからでしょう。

その為、特に体の小さい選手が
三振やフライを上げてしまうと
「体が小さいのにそんなおお振りはするな」
と注意を受けてしまいます。

また体が大きい選手でも
同様の注意を受けるケースが
あると思います。

もちろんそうした指導をする
指導者の真意は実際に話を
聞いてみなければ分かりませんが
仮にその真意が
「ゴロを転がすことで
相手がミスをする可能性があるから」
であった場合
そうした指導はそろそろ無くなっても
いいのではないかと思います。

これはよく考えれば分かることですが
そうした指導は選手のためではなく
指導者のためにしかならないのです。

どういうことかというと
ゴロを転がせば
確かにゴロの捕球から送球という
流れが発生するため
野球を始めたばかりのまだ未熟な
選手たちにとってはミスをしてしまう
ことが多いでしょう。

その結果
相手のミスによりチームとしては
試合に勝つことができるかもしれません。

しかし、中学生、高校生と
レベルが上がってくれば
そうしたミスは減っていき
通用しなくなっていきます。

その結果
指導者の指導を守って
小学生、中学生、高校生と
ミートを重視してゴロを
打つことに専念した選手は
小さい頃からやってきた
バッティングの癖が抜けず
ゴロのアウトを量産する選手に
なってしまうことでしょう。

こうしたケースは
特に体の小さい選手に
多いのですが
ここで注意をしなければならないことは
小学生の頃体が相対的に小さいからといって
高校生になってもそのままとは
限らないということです。

人間の体の成長速では
人それぞれです。
小学生のうちに成長しきって
しまう選手もいれば
高校生で一気に伸びていく選手も
います。

もしかしたら
小学生の頃
一番体の小さかった選手が
高校生では一番体が
大きくなっているかもしれません。

そうした時に
小さい頃指導された
大振りせずコンパクトに
叩きつけるバッティングが
体に染み付いていたらどうでしょうか?

想像がつくとは
思いますが
そうした体の使い方は
そう簡単に直すことはできません。

しかしながら
大きいスイングから
コンパクトなスイングには
意外と切り替えることは
難しくありません。

こうしたことを考えると
子供の頃に小さいから
小さいスイングをしろ
というのはやはり選手の可能性を
潰すことに繋がりかねません。

むしろ
小さい体だからこそ
大きい体の選手にも
負けないぐらい
大きなスイングをして
飛距離で対抗をしていって
欲しいと思います。

そうすれば
高校生ぐらいになり
周りと体格に差が無くなってきた時
一気にチームの主軸を任されることに
なるでしょう。

また仮に思ったように
体が大きくならなくても
大きく強いスイングをしてきたことは
無駄にはなりません。

ぜひ選手の将来の可能性を
伸ばしてあげるためにも
三振を恐れずフライアウトを恐れずに
小さい選手ほど大きなスイングを
身につけて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です