少年野球の投球制限スタート


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

昨今甲子園などを中心に
ピッチャーの酷使や投球過多が
騒がれています。

これは一人の投手が試合に勝つために
何試合も連投を続け
勝利と引き換えに怪我をしてしまったり
その選手の将来を潰してしまったり
する恐れがあるため問題になっています。

そうした
問題提起もあり
高校野球では新潟県が
いち早く投手の投球制限を
定めることになりました。

その投球数は
1試合1人100球まで

もちろんこれがずっと続くのか
全国にも波及するのかは
分かりません。

例えば
強豪校ではないチームには
エースと同じクラスの
2番手3番手のピッチャーは
いないことでしょう。

また将来まで野球を
する気はなく高校野球までで
全力を尽くしたいと決めている
選手に対して将来のために
投球制限をすることが本当に
良いことなのか?
といった問題はあると思います。

しかしこの投球制限は
まずやってみてどうなるのかを
考えてみようということだと
思いますので野球界に
とっては大きな一歩となることでしょう。

そうした動きの中
少年野球でも今年から
投球制限を設けるという
規定が定められることになりました。

その投球数は1試合70球まで

70球という数が
少ないと感じるか多いと感じるかは
意見が分かれるところですが
メジャーリーグの考えでは
100球を目処に投手を
交代させることを考えると

野球を始めたばかりで
まだ体も成長していない
選手が規制前の今までは
70球以上を投げていたということは
異常であったということが
想像できると思います。

ではなぜ
そのようなことに今までなって
いたのでしょうか?

その原因として考えられるのは
指導者が試合に勝たせてあげたい
と思ってしまうことと
怪我をするのが
小学生の今ではなく
中学生や高校生になってから
ということです。

少年野球の指導者も
やはり指導をする以上は
選手を上手くさせてあげたい
試合に勝たせてあげたいと
思うのが当たり前です。

しかしその思いが
大きくなりすぎると
選手のこれからを
考えずに一人の投手にばかり
負担を強いることとなり
結果的にその選手の将来を
潰してしまうことに繋がってしまいます。

こうなってしまっては指導者も
不本意であることは間違いありません。

また最も難しいのは
少年野球で投げすぎても
怪我として症状が現れたり
成長障害に直面する時には
少年野球から中学野球、高校野球
とチームが変わっている為
少年野球の指導者が間接的に原因を
作ってしまっていることに
気がつかないという点です。

そうした状況を打開するためにも
この投球制限はやってみなければ
わからないことが多いとは思いますが
良いことであると思います。

例えば今まで
ピッチャーをやる機会がなかった
選手にもチャンスが回ってきたり
ピッチャーだけをやっていた選手も
様々なポジションを経験するチャンスが
訪れることでしょう。

また、ピッチャーとしても
なるべく球数を抑えるために
ボール球を使わずに
どんどんストライクを投げ込んでいく
スタイルになったり
打たせてとる投球スタイルを
作っていったりする選手が出てくるでしょう。

これからも球数制限に関しては
様々な取り組みがなされていくとは
思いますが
全体的には良い方向に進んでいると
思います。
時代に遅れることがないように
今後の展開にも注目をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です