苦手なボールを打つには?〜最低限のことを行なっていますか?〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングには
人それぞれ苦手なコースや
得意なコースというものが存在します。

例えば
インコースが得意な選手は
アウトコースが苦手だったり
低めが得意で高めが得意だったり
といったケースがあります。

この苦手なコースを
減らしていき得意なコースを
増やしていくことができれば
打率が上がっていくことは
想像がつくと思います。

バッティングの指導を
しているとこうした質問を
よく聞きます。

「インコースが苦手なのですが
どうやったら打てるようになりますか?」

自分の苦手なところを
知っているということは
まず大事なポイントではあると
思います。

それを知らなければ
まず質問をすることもできません。
しかしこうした質問をするのも
良いのですが
そうした質問をする前に
まず確認をすることがあります。

大前提として
その苦手なコースを打つ練習を
徹底して行なっているか?
ということです。

もちろん質問をされれば
アドバイスを送ることは
いくらでもできます。

なぜならばそこには間違いなく
フォームにおいて修正すべき点が
あるはずだからです。

しかし
インコースが苦手ですという割に
どんな練習をやっているのかを
聞くと意外と何もやっていない
という選手が多いのです。

練習の仕方がわからない
という選手もいるかもしれませんが
何も特別なことをする必要は
ありません。

ただひたすら
素振りでインコースをスイングする練習や
インコースに投げたトスを打つ練習
もしくはピッチャーにインコースを
投げてもらいそれを打ち返す練習を
すればいいのです。

多くの選手が
こうした基本的なことをせずに
どうやったら打てるかということを
質問してしまいます。

変化球でも同じことが
言えます。
変化球が苦手だという選手は
しっかりと変化球を
打つ練習をしていますか?

それをしていないにも関わらず
質問をしてしまうと
指導者の方から
・目線をぶらさない
・突っ込まない
・タイミングを合わせる
といった技術的な指導を
いくら受けても打てるようには
なりません。

なぜならば
打つためには頭だけではなく
体を動かさなければ
いけないからです。
スイングもせずに
話を聞くだけで苦手なコースが
打てるようになるのであれば
誰も苦労はしませんし
話をするだけで選手を
上達させることができるコーチもいません。

何回も何回も繰り返し
スイングを行なって
体を動かしていって初めて
スイングは改善していきます。

そうした反復練習を
行なってもいっこうに上達せず
打てない時に
初めてアドバイスを求めるように
してみましょう。

おそらく
何にもせずにアドバイスを
もらった時よりも
アドバイスの意味がわかりやすく
また、遠回りなようで確実に
そのほうが成長が早いはずです。

あなたもまずは
インコースが苦手であれば
インコースの
高め低め真ん中と
それぞれ徹底的に
素振りを行なったり
ティーを行なったりしてみるように
しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です