「送球」と「投球」の違いとは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

守備をしている時
ボールを持っている選手は
ボールを投げることで
プレーを進め、
相手に得点を与えないように
する必要があります。

しかしそのボールを
投げるというプレーには
大きく分けて2つの種類があります。

それは投手が行う「投球」と
主に野手が行う「送球」です。

投球はいわゆる
ピッチングでバッターに対して
アウトを取るために投手が捕手へ対して
投げることです。

それに対して送球は
打球を捕球したあとに
バッターランナーをアウトに
するためにファーストに
ボールを投げたりする
野手が主に行うプレーです。

ただ勘違いしてはいけないのは
投手も「送球」を行うことができる
ということです。

例えば投手が打球を捕球し
ファーストへ投げるのは
送球ですし
ホームに投げる場合でも
プレートを外してキャッチャーへ投げれば
これは送球になりバッターはこのボールを
打ってはいけません。

このように本質的な
「投球」と「送球」の違いが
分かったところで
次はこの両者の性質の違いを
考えていきましょう。

まず投球は
バッターに打たせないことが
目的です。
そのため速いボールを投げたり
変化球を投げたりします。

また体の開きを抑えて
リリース直前に体を回転させることで
打者がタイミングを取りづらくなり
打ちづらくなります。
逆に開きが早ければ
いくら球速自体が速くても
タイミングが合わせやすいため
バッターにとっては打ちやすく
なってしまうでしょう。

このように
投球はマウンドからホームまでという
決まった距離の中でいかに
打ちづらいボールを投げるのか
ということが大切になってきます。

では送球はどのような
特徴があるでしょうか?

まず送球は投球と違い
打球を捕った位置や
ランナーの状況アウトカウントによって
ボールを投げる距離がバラバラです。

そんな中でも
特に投球と違うのは
・捕ってから素早く
・相手が捕りやすく
・速いボール
という3つが必要ということです。

当たり前ですが
投球のように打ちづらいボールは
野手からすれば捕りづらいボールです。
それではアウトに取ることができないので
送球を行う際は
相手が捕りやすい場所
距離に合わせて最適なボールのスピード
そして素早くリリースを行います。

そのため
ピッチングのように体の開きを
抑えてしまう必要はなく
逆に相手がボールを捕りやすいように
速い段階で体の正面を相手に向けて
送球を行うことが多いです。

送球はこのように開きを早くし
リリースも早く行うため
シュート回転がしやすくなっています。
また開きが早いことで
ボールを受ける相手が
ボールを早く見ることができるので
捕球がしやすくなっています。

よくバッティング練習で
野手がバッティングピッチャーを
すると打ちやすく感じるのは
これが原因だと考えられます。

よく肩の強い野手が
思いっきり送球をしてしまう
ところを見かけます。

速いボールが悪いとは思いませんが
距離が近い場合や、モーションが
長くなってしまう場合は
相手が捕りづらく逆に時間も
かかってしまうので意味がありません。

また逆にピッチャーの選手も
思いっきり投げようとして
開きが早くなりリリースも
早くなれば送球と同じように
捕りやすく打たれやすいボールになってしまいます。

あなたもこの
「送球」と「投球」の違いを
理解しプレーに活かしてみては
いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です