新軟式球J球・M球なにが変わったのか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日少年野球や中学野球などで
使われている軟式球に
変更がありました。

今までは少年野球はC球と呼ばれる
小さいボール
中学野球はB球と呼ばれる
中くらいのボールを使用し
それ以上のカテゴリーでは
A球と呼ばれるボールが
使われていました。

このボールが変更され
少年野球がJ球
それ以上のカテゴリーでは
M球ボールが使用されることと
なります。

このボールの規格の
変更は実に数十年ぶり
の出来事だそうです。

このボールの規格の
変更には様々な理由があるようですが
最も大きな影響として
バッターの感覚が変わることが
考えられます。

今までの軟式球は
プロ野球で使われている
硬式球と比べて柔らかく
弾力性が高いものでした。

そのため
強く打ち過ぎてしまうと
ボールが潰れてしまい
ファールになったり
内野フライになってしまうことが
よくありました。

特に硬式野球の経験者が
軟式ボールを打つと
このような結果になりやすかったのです。

しかし、新しくなった
軟式球は以前の軟式球とは違い
少し弾力性が弱まっているように
感じました。

実際にボールを打ってみても
ボールが潰れてしまう感覚が
少なく比較的硬式球に
近い形で打つことができました。

これにより
今までスイングが速くて
逆に打ち損じてしまうことが
多かった選手は打率をあげることが
できるでしょう。

またそれだけではなく
軟式球から硬式球に
変わった時に障害となる
ギャップが少なくなるのでは
ないかと思います。

高校野球で
活躍をするためにも
中学生や小学生のうちから
硬式のクラブチームに所属し
硬式ボールの扱いに慣れておきたい
という選手も多いと思いますが
この規格変更により
比較的硬式ボールに
軟式ボールが近づいたので
中学野球でも軟式野球を選択する
という方も増えるのではないでしょうか?

軟式野球を選択するメリットは
硬式球に比べれば
ボールが柔らかく安全であること
そしてボールが軽いことで
成長途中の中学生や小学生への
投球時の負担が少ないことにあります。

実際のところ
プロ野球選手も
投手は中学まで軟式野球を
やっていたという選手が多く
日本人の体にはあっているのでは
ないかと思います。

もちろん硬式球に早いうち
から慣れておくために
硬式のクラブチームに入団することも
1つの選択としては問題はないと
思います。

いずれにしても
大切なことは
それぞれのメリットやデメリット
特性を理解した上で
自分が進む道を決めること
だと思います。

そうした選択の判断材料の
一つとなるボールが変わった
ということは野球界にとっては
思いの外大きな変化であるので
知っておいて損はないでしょう。

横浜DeNAベイスターズの三嶋一輝選手の
サポートを行いました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です