冬季休暇の過ごし方


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今年も年末に差し掛かり
学校に通っている選手も
冬季休暇に入ったのではないでしょうか?

この冬の時期の過ごし方
というのは想像以上に
春先のパフォーマンスに
影響してきます。

それを理解せずに
いつも通りの練習をしてしまうと
練習試合が始まる3月ごろに
パフォーマンスのピークが過ぎてしまい
一番大事な春のシーズン開幕を
調子を落とした状態で迎えることに
なってしまいます。

ではどのように
この時期を過ごせば良いのでしょうか?
各年代ごとに必要なことを
考えていきましょう。

まず小学生
小学生の場合は
まだ身体的にも技術的にも
成長の途中にあります。

そのため身体のピーク
といった考え方をするよりも
とにかく身体を動かすことを
大事にしましょう。

普段は学校があり
一日中身体を動かす
ということはなく
休日に野球のみを
行なっているというケースが
ほとんどかと思います。

しかし冬休みのように
学校がないときは
午前中から色々なことを
する時間があります。

この時間を活用して
身体を動かしておくのと
じっとしているのとでは
大きな差が出てしまいます。

何に差が出てしまうのかというと
将来的な運動神経に
差が出てしまうのです。

もちろんこの時期に全てが
決まるというわけでは
ありませんが
できればこの時間を利用して
普段はやらないようなスポーツに
取り組んでみてほしいと思います。

例えば
サッカー
バスケットボール
バドミントン
器械体操
など

これらの運動経験を
することによって
発展途上にある小学生の
運動神経は急速に成長していきますので
ぜひ何か1つでもいいので
一日時間を使って取り組んでみてください。

次に中学生
中学生と一括りにしても
1年生と3年生では
体格も違えば個人差も
大きくあったりします。

しかし、共通して言えることは
投球以外の数をこなす練習を
行うべきということです。

その中でも特に
行なってほしいことは
ノックです。

守備はバッティングや
ピッチングと違って
練習をすればするほど
上手くなるものです。

数多くのノックをこの
冬の時間のある時期に
行うことで春以降の試合で
ミスを減らすことにつながるでしょう。

また正しい姿勢を取ることで
脚を使うことになるので
下半身の強化にも繋がっていきます。
さらにはアメリカンノックなどを取り入れることで
心肺機能の向上も期待できます。

最後に高校生以上の選手
高校生以上になってくると
ある程度の運動神経は出来上がり
また技術的にも成長をしてきています。
高いレベルになればなるほど
完成度は高くなるため小手先だけの
練習では春の試合で周りよりも
活躍することは難しいでしょう。

そこで行うべきことは
高負荷のトレーニングです。
高負荷のトレーニングを
継続して行うことで
体の重さを感じることでしょう。
しかし冬の時期は試合がないため
大きく心配する必要がありません。

下半身や上半身を
ウエイトトレーニングなどで
鍛えた場合は身体の機動力(身体のキレ)
が失われますが
シーズン前の2~3週間前から負荷を抑えていき
ダッシュ系のトレーニンングを取り入れることで
高負荷で鍛えられた身体が
生まれ変わったようにスムーズに
動くようになり冬前とは比べものにならないような
パフォーマンスアップを実現することが
できます。

もし仮に秋からここまで
厳しいトレーニングをしてきた
という選手もこの冬季休暇の
間に負荷を落とし軽めの
練習を行なってしまうと
パフォーマンスアップの時期が
ずれてしまい冒頭に話したように
シーズン前にピークを迎えてしまう
可能性がありますので十分に注意してください。

PS.もちろん高負荷といっても
休養は大切ですので怪我に
つながらないように気をつけて
トレーニンングに励んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です