ルールは守るもの?利用するもの?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

どんなスポーツでも
必ず共通するものがあります。

それはルールの上に成り立っている
ということです。
ルールがなければ
スポーツは成り立たず試合にも
なりません。

野球も同じようにルールが存在しますが
野球は特に細かいルールが多く
プロ野球選手でも意外と知らないという
ルールも多く存在しています。

そうしたスポーツにおけるルールですが
あなたはどのように
このルールというものを
捉えていますか?

・守るべきもの
・知識
・破ってはいけないもの
・特にないも感じていない

このように色々な考えがありますが
実際のところ深くは考えておらず
最低限のルールだけしか意識していない
ということがほとんどのケースだと思います。

ですがこうしたルールは
ただ守るというように
考えてはいけません。
レベルの高い選手を目指しているのであれば
ぜひこのルールを自分の武器に
変えていってもらいたいと思います。

ルールというものは
人間が考えたものであり
完璧なものではありません。
(そのため日々ルールが変更されたりもします)
ということは必ずどこかには
ルールの盲点となるプレーが
存在するのです。

例を出して考えてみましょう。

まず1つ目
相手の攻撃中に
相手のバッターが打順を間違えて
打席に立っていることが分かりました。
しかし、すでにピッチャーは投球を行なっており
カウントは1ストライク3ボールとなっていました。

この時、守備側であるあなたならどうしますか?

もちろん打順を間違えていることを
アピールすることでしょう。

ですがここで大切なことは
その「タイミング」なのです。

もし仮に
1-3となった後に
アピールを行なった場合
そのカウントのまま
正しい打順通りのバッターが
打席に入ることになります。

しかし、このバッターがヒットもしくは四死球
の後にアピールをしたらどうなるでしょうか?
この場合は打席結果にかかわらず
バッターをアウトにすることができるのです。

つまりこの場合は
打順の間違えに気づいた段階で
アピールをするのではなく
打席が終わった後にすぐアピールすることが
正解となるのです。
なぜならばその方が確実に相手をアウトに
することができるからです。

続いて2つ目
次のケースは1死ランナー1、2塁
この時強いゴロがゲッツーコースの
ショート正面に飛んでいきました。
しかし打球は2塁走者にあたってしまいました。

この時ルールではどのような対応が
取られるでしょうか?
次は以下の中から正解を選んでみましょう。
①2塁走者がアウトとなり2死1,2塁で再開
②ダブルプレーとなりチェンジ
③走者に当たってもインプレー

・・・

この場合の正解は

①番が正解となります。
このルールを知っているという選手も
いるかもしれません。
ではどのようにしてこれを
武器にすれば良いかあなたは
想像ができますか?

これは1つの例ですが
頭のいい選手であれば
このルールを理解した時
あることを思いつきます。

それは自身が2塁ランナーにいた時
明らかなダブルプレーの打球が
飛んできた時にわざと自分から
打球にあたりに行くことができるのです。

結果は先ほどもいった通り
2塁ランナーのみがアウトとなります。
ということはそのままであれば
ダブルプレーでチェンジになっていたところを
2アウトランナー1,2類というチャンスで
次のバッターに回すことができるのです。

もちろんこれをとっさに判断することは
難しいですし実際に行おうとすると
色々と問題が出てくるかもしれません。

しかしそうしたルールを上手く
利用した作戦を自ら考える力があるということは
それだけで選手としてワンランク上の
プレイヤーとなれる可能性を持っていると
言えるでしょう。

あなたもぜひルールを学び
それをただ単純に守るのではなく
武器とできるように考えてみては
いかがでしょうか?

PS
もちろんルール上許されていても
明らかに悪質なプレーはスポーツマンシップに
反するので考えついても実際には行わないように
注意してくださいね。

“ルールは守るもの?利用するもの?” への2件の返信

  1. 故意落球について、簡単に取れると思われる飛球を故意に落としてゲッツーを取りに行く事で違反ですが、グラブや手に当てて落とした場合に限られます。
    わざとショーバンにしたり頭、腹、足などに当てて拾い送球するのはOKなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です