「学生野球」における私生活とはpart1


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

日本の野球は
少年野球の間は
一般的な軟式の少年野球の
他にリトルリーグに代表される
硬式野球チーム
さらに中学野球になると
部活の野球部や
軟式のクラブチーム
硬式のクラブチームなど
様々な組織が存在しています。

しかし高校生になると
そのほとんどが
甲子園を目指す高校野球という形で
高校の部活動のチームに集約されます。

合同チームなどはありますが
基本的には同じ学校の生徒たちが
チームとなり試合に臨んでいきます。

大学野球もプロ野球に進む選手を
除けばそれに近いところがあるでしょう。

こうした高校野球や大学野球は
「学生野球」とよく呼ばれます。
(主に大学野球でよく言われます。)

この学生野球はどういった
意味合いで使われているのかというと
単に学生が野球をやっているから
学生野球というわけではなく
プロ野球の対義語として
使われているように感じます。

プロ野球は野球を職業として
プレーをし選手としての実力や
魅力や結果が物を言う世界です。

対する学生野球は
立派な野球選手ではありますが
野球選手である前に
勉強を本業とする学生という立場です。

だからこそ
その選手としてのあり方には
大きな違いが存在します。

その一つが時間の使い方です。

プロ野球選手の場合
基本的には野球のために時間を使います。
選手によっては休みの日も体のケアに
当てたり、食事に至るまで
それこそ全ての時間を野球のために
使うという選手もいるでしょう。

しかし学生野球の場合は
野球一色にしようとしても
そうはいきません。
それは授業や課題などが
あるからです。
また勉強や野球の練習だけでなく
日々の私生活や学校生活の中での
行動にも重点を置かれるのが
学生野球の特徴です。

こうした野球以外の私生活の部分は
一見野球には関係ないように
思えるかもしれません。
しかしながら
学生野球においてこうした
私生活がしっかりとしている
チームは非常に強いという
印象があります。

特にトーナメントなど
一発勝負における戦いの場面や
僅差で競っている試合などにおいては
こうした私生活がしっかりとしている
チームほど強いものです。

もちろん
明確な良い私生活の基準や
証拠となる実際のデータは
何一つありませんが
それでも強豪校の監督ほど
こうした私生活には厳しいです。

それは監督たちにの
経験則によるところも
あるようです。

特に若い頃から監督やコーチを
やってきている方は色々なチームを
間近でみてきたはずです。

そうして見えてきた強いチームの
共通点に学生野球としての
私生活のあり方があったのでしょう。

では強豪校が実際に野球以外の私生活で
重視している点を挙げていきましょう。
・挨拶
・掃除
・勉強
・道具の整理整頓
・ボランティア活動
他人もたくさんありますが
一般的にはこのようなことが挙げられます。

では次回はこれが
なぜ野球の力に変わるのかについて
一緒に考えていきましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です