野球選手とサッカー選手ではどちらがスポーツ万能?part2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日は野球選手とサッカー選手では
どちらがスポーツ万能かというテーマで
お話をしていきました。

結果として
サッカー選手の方が
様々なスポーツをするのに
適したバランスの良い体を
していることをお伝えしました。

しかし、前回の最後にも
伝えましたが
スポーツ万能の体であっても
実際にその他の競技で
野球選手とサッカー選手が
対戦をしたら結果はどうなるか
分かりません。

例えば
サッカー選手は
キーパー以外はほとんど
手を使うことはありませんが
野球選手の場合
ボールを投げたり
グラブで捕球をしたり
バットを振ったりと
様々な場面で手や指先を使います。

このようにサッカーは
ポジションごとに
役割は違うといっても
基本的には足でボールを
コントロールするということに
変わりはありません。
(もちろんボールを持たない時の
動きもとても大切ですが)

対して野球はというと
ボールを投げる動作
ボールを捕球する動作
ボールをバットで打つ動作と
実に様々な動きがあります。

またサッカーとの大きな違いに
道具を使うという点があります。

サッカーはボールを蹴るときに
スパイクを履いてはいますが
比較的道具を使っている感覚は
薄いです。

対する野球はグラブを使ったり
バットに力を伝えたりと
道具を操る能力が
重要になってきます。

こうして考えると
野球の方が様々なプレーに
対応をしなければいけないため
様々な運動神経が発達していると言えるでしょう。

これは野球選手とサッカー選手
どちらが優れているかという話ではありません。
考えて欲しいことは
身体能力と運動神経は別物だということです。

いくらサッカー選手が
スポーツ万能だからと言っても
やはり投げる・捕る・打つという動作に優れた
野球選手の方が手でボールを扱ったり
手でラケットなどを扱ってボールを打つ
競技には有利となるでしょう。

もちろん逆に
足をメインで使うような
競技や走力や心肺機能が
求められるスポーツでは
サッカー選手の方が有利となるでしょう。

仮にバスケットの勝負となった場合
どうなるでしょうか?

野球選手の方が
手の感覚は優れているので
ドリブルやシュートは上手いかもしれません。
しかしながら
ボールをゴールまで運ぶための
ポジショニングや連携さらには
スプリントと体力勝負となると
サッカー選手に軍配が上がるでしょう。

この考察から
結局は競技によって
野球選手に有利や不利が
決まるため
真にどちらが他の競技に
優れているのかを決めることは
できないということです。

ですがそれでも
確実にスポーツ万能の体の方が
良いことが一つあります。
それは怪我のリスクが少ない
ということです。

ここまでお伝えしてきた通り
スポーツ万能とは単に
他の競技が上手い下手というわけではなく
身体能力のバランスが良いことを
さします。

つまり競技に応じて様々な
動きをした時に
筋力や柔軟性などの偏りが少ないので
色々な動きに適応することが
できるのです。

では偏りがある体の場合は
どうでしょうか?
おそらく運動神経が
優れているアスリートほど
色々な動きを頭の中でイメージして
すぐに実際のプレーとして表現することが
できるでしょう。

しかし体自体はスポーツ万能の体を
していないがために
無理な動きをしてしまいます。
その結果体が悲鳴をあげてしまい
怪我をしてしまうのです。

実際に最近の研究では
小さい頃から
一つの競技だけを特化して
練習をしてきた選手は怪我の
リスクが高かったり
15~16歳ぐらい人なると
その特化したはずの競技でも
伸び悩んだりする傾向があるようです。

結論をお伝えすると
良い野球選手になるためには
野球をして得られる
運動神経や身体能力
だけではなく

小さい頃から
他の競技にもチャレンジをし
野球では得られない
運動による刺激を体に与え
偏りの少ない身体と
優れた運動神経を磨く
ことが大切だということです。

もし今野球が好きで
野球の練習ばかりをしている
という小・中学生も
時には少し野球を離れて
他の競技にチャレンジをしてみては
いかがですか?

きっとその経験が
野球にも活きてくるはずです!

他競技以外にも
こうしたトレーニングで体の
バランスを整えていきましょう↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です