野球選手とサッカー選手ではどちらがスポーツ万能?part1


こんにちは
BASEBAll FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「スポーツ万能」という言葉を
聞いたことがありますか?
スポーツ万能とは
一般的に一つのスポーツだけではなく
様々なスポーツの能力が高い
人のことを指します。

例えば
野球だけではなく
サッカーやバスケや
バレーなどどんなスポーツを
やらせてみても平均以上の
プレーをしてしまう人が
そう呼ばれたりします。

では、トップレベルの
野球選手とサッカー選手では
どちらの方がスポーツ万能だと
思いますか?

・・・

実は研究によると
サッカー選手の方が
スポーツ万能であるようなのです。

ですが本当にそう言い切ってしまって
良いのでしょうか?
実は研究によるスポーツ万能とは
実際にその競技が上手い下手とは
関係なくあくまでもスポーツ万能の体を
しているかどうかという研究結果に過ぎないのです。

つまり、サッカー選手の方が
単に様々な競技を万能にできる
というわけではなく
サッカー選手の方が
様々なスポーツをする上で
万能な筋力や体力などの
体のバランスが良いということです。

スポーツにはそれぞれ
専門性があり
その専門性ゆえに
他のスポーツでは必要な筋力も
他のスポーツでは邪魔になってしまう
ということがあります。

そういった面で考えると
野球は確かにサッカーよりも
偏りのあるスポーツかもしれません。

例えばサッカー選手であれば
ボールを追いかけて縦横無尽に
フィールドを走り回る必要がある為
走る能力に優れています。
さらに速いスピードで走りながらも
ボールをコントロールする必要があるため
強靭な足腰やボディーバランスが
求められるでしょう。
また強烈なシュートを打つためにも
全身の筋力が必要となるでしょう。


対して野球はというと
プレーの中で走る場面はありますが
サッカーほど走行距離が多いわけでもなく
体力もそこまで必要としません。
また、バッティングに特化した選手であれば
全身の筋力は素晴らしいかもしれませんが
走るのが苦手な選手も多くいます。

逆に守備や走塁が良い選手は
走るのが速かったり、守備では
様々な打球に追いつき厳しい体勢でも
捕球や送球を行えるため
ボディーバランスが良かったりします。

こうして考えると
野球はやはりサッカーに比べると
選手それぞれの体の能力に
ばらつきが多いと言えるでしょう。

このばらつきが
野球選手がサッカー選手に
比べてスポーツ万能の体を
していないということに繋がるのでしょう。

しかし、実際に野球選手とサッカー選手が
他競技で戦ってみたら結果は
どうなるか分かりません。

何故ならば
どんなスポーツでも体はスポーツ万能であっても
運動神経や頭が備わっていなければ
良いプレーをすることができないからです。

次回はスポーツ万能の体が
あるだけではいけない理由と
スポーツ万能の体のメリットについて
お話していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です