動画を見て真似ができますか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の技術をあげて
上達をしていくためには
様々な動きを覚えていかなければ
いけません。

ではどのような動きを
覚えればいいのかというと
それは余程のセンスと
頭がない限りは
上手い選手や指導者の
動きを真似して覚えることに
なります。

この時に
見たまますぐに真似をすることが
出来ればその選手は
良い手本になる選手や
指導者とめぐり合うことができれば
良い選手となっていく可能性が
高いでしょう。

ですが運動能力が
まだ発達しきっていない
子供達にとっては
単純な動作一つをとっても
真似をすることができない
ということが多いでしょう。

試しに様々な動作を
選手たちに見せて
何も説明せずに
行ってもらいましょう。

何人の選手が自分の体を
操り見たまま正確に真似をすることが
できたでしょうか?

当然簡単な動きであればあるほど
真似することは簡単ですが
複雑な動きであればあるほど
真似をすることは難しいでしょう。

ではここで考えていただきたいことが
あります。
バッティングやピッチング
さらには守備の動きは
簡単な動きでしょうか?
それとも複雑な動きでしょうか?

、、、

おそらくほとんどの方が
複雑な動きだと
感じていると思います。

ということは
バッティングやピッチングの
動作を真似することは
そう簡単なことではないということです。

ましてや
最初におこなった
チェックのように
簡単な動きすらも
見ただけで真似することが
できないのであれば
なおさらフォームを真似することは
難しくなってくるでしょう。

それにもかかわらず
選手たちにバッティング練習や
ピッチング練習ばかりを
させ過ぎてしまってはいませんか?

もちろんこれも大切な練習ではありますが
その前に選手それぞれが
自分の体を自由自在に操れるように
トレーニングをして
正しいフォームを身につけるための
土台を作ることが大切なのでは
ないでしょうか?

先ほど試していただいた
動き以外にも
ぜひ様々な動きを選手たちに
行ってもらい
習得ができたら
さらに難しいものにも
挑戦してもらう

それを繰り返していくことで
選手たちの神経は
成長していき体も
変化していくことでしょう。

初めは体操のような
簡単な動きからで構いません。
ただし気をつけなければ
いけないことは
正確に真似をさせることで

・腕を伸ばす
・足を伸ばす

といった細かいところまで目を向けて
真似をさせることができれば
選手たちも細部までお手本を
観察するようになっていくでしょう。

ぜひ選手の将来のためにも
様々な動きを経験させて
あげましょう。

↓そのほかのトレーニングを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です