小学校低学年1,3塁でのプレーについて


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ここ数日小学生の試合を
見る機会がありました。
その試合は小学校高学年の試合
ではなく3~4年生ぐらいの選手の試合でした。

その試合を見ながら
とても気になるプレーが
いくつかありました。

その一つが盗塁です。
あなたも経験があると
思いますが
小学生の特に低学年の頃は
1塁にランナーが出れば
ほとんどフリーパスで
2塁へ盗塁をされてしまい
時には3塁にも盗塁をされてしまうでしょう。

その原因としては
クイックの問題もありますが
小学生の場合はキャッチャーの
2塁送球が上手くいかないことが
ほとんどの原因と言えるでしょう。

これ自体は特に気にすることも
なく現段階では仕方がないことだと
思います。

しかし問題はピッチャーです。
どの選手もランナーがいなければ
気持ちよく良い球を投げていますが
1度ランナーが出てしまうと
ピッチャーとしてはやはり
点を取られたくないため
ランナーをとても気にしてしまいます。

その結果盗塁を許してしまうだけではなく
中途半端なクイックや乱れたフォームで
ボールを投げてしまうため
コントロールが安定せず
次のバッターにも出塁を許してしまい
結果的に大量失点となってしまう
というケースが目立ちました。

もちろん
指導者の方もそれを
分かっているので
「バッターに集中」という言葉を
かけてあげてはいますが
どうしても気にしてしまいます。

またもう1つ気になった
点としては
1,3塁のケースです。

何試合か観る間に
このケースはたくさんありましたが
100%の確率で1塁ランナーは
盗塁をしました。
しかも走るタイミングは必ず
ピッチャーがセットに入っている間で
投球に入る前でした。

通常であれば
この場合はセットを外して
3塁ランナーを警戒しつつ
1塁ランナーを挟んでアウトに
したいところですが
小学生のレベルではそれが
難しいということで
どのチームもスタートを切る
1塁ランナーを無視して
走らせてから投球を行っています。

結果的に1,3塁となって時点で
2,3塁に自動的になってしまうのですが
ここには流石に矛盾を感じてしまいました。

なぜならば
ランナー1塁の場面ではあれだけ
気にしていた1塁ランナーの盗塁を
1,3塁の場面では全く気にしていなかった
からです。

おそらく考えとしては
1,3塁のケースでは1塁ランナーよりも
3塁ランナーを返さないことが重要だと
いうことがあると思います。

しかし私はこの場合は1点を取られてでも
1塁ランナーをアウトにさせるべきだと
思います。

その理由をこれから説明していきます。
1つ目は小学生の低学年にとって
1点はそれほどの価値がないということです。

まだまだ野球を始めたばかりの選手に
とってエラーやフォアボールはつきものです。
ミスのない試合など見たことが
ありません。
高校野球のように0-1のような
接戦の試合はなかなか
できるものではありません。

つまり点は入るものなのです。
よって大切なことは目の前の1点を
守ることではなく
大量失点を防ぐことなのです。

なのでこの場合は
たとえ3塁ランナーが得点したとしても
1塁ランナーをアウトにすることが
できればアウトが1つ増えて
さらにランナーがいなくなってくれるのです。
結果的にピッチャーも気持ちよく
ピッチングをすることができるため
大量失点を防ぐことができるでしょう。

怖いのは簡単に走らせて
2,3塁となり前進守備
前進したことでヒットゾーンが広がり
大量失点という流れです。

2つ目の理由は
1塁ランナーをアウトにするのは
練習をすればキャッチャーが
盗塁を刺すよりも簡単だからです。

キャッチャーが盗塁を刺すのが
難しいのは2塁送球が安定しないためです。
それはホームから2塁までの距離が離れていることに
ありますがこの1,3塁のケースの場合
ピッチャーがボールを持っていても
ランナーは走ってきます。

つまりピッチャーがすぐに
プレートを外して1塁ランナーを
追いかければキャッチャーが
盗塁を刺すよりも簡単なはずなのです。

もちろんランナーが挟まれれば
挟殺プレーになるため
少し難易度は上がりますが
ランナーもそこまでレベルが高いわけではないので
練習をすればアウトにすることはできるでしょう。

そして3つ目の理由は
小学生だからといって
ピッチャーがボールを持っているのに
盗塁をするようなプレーを
覚えさせてはいけないということです。

やはり指示とはいえ
ピッチャーがボールを持っているのに
ランナーがスタートを切るのは
高度なトリックプレーを除けば
ありえない暴走と言えるでしょう。

やはりレベルが上がってくれば
通用しなくなってくるので
1,3塁であってもランナーは
ピッチャーの投球に合わせて
スタートを切ってもらいたいと
思います。

それでキャッチャーが2塁送球をしてきても
3塁ランナーがいるので結果的に
1点は入る確率は高くなるはずです。
(おそらく3塁ランナーを警戒して
投げないとは思いますが)

色々と意見を述べてきましたが
私は少年野球チームの指導を経験したことが
ないので実際には色々と難しい点が
あるのかもしれません。

しかしそれでも
全体的に言えることは
状況によっては与えても
良い1点があるということを
小学生にも理解してほしいということです。

それは指導者の言葉をかりれば
「バッターに集中」ということです。
もっと丁寧に選手に伝えるのであれば
「1点は取られても良いから次のバッターに
集中しなさい」ということです。

たとえば5点差もあるのに
わざわざ1,3塁で1点を取られないために
1塁ランナーの暴走を見逃す必要は
ありません。

確実にアウトをとってしまえば
1点取られたとしても苦しいのは相手でしょう。
小学生であってもぜひ状況に応じて
最適なプレーに挑戦をするということを
実践していただきたいと思います。

psもちろん
試合状況によっては
1点を守らなければ
いけない場面もあるので
その辺りも頭に入れながら
練習を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です