全ポジションを経験すべき理由


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたのポジションは
どこでしょうか?

野球には守備において
9つのポジションが存在します。
ピッチャー、キャッチャーのバッテリー

ファースト、セカンド、サード、ショートの
内野手

レフト、センター、ライトの外野手

このように
同じ内野や外野であっても
それぞれのポジションには
それぞれの特徴があり
その特徴によっては
選手にそれぞれに
合う合わないがあります。

そのため小さい頃から
その特徴に応じたポジションで
練習をこなしていき
気がつけばほとんど
他のポジションを経験したことがない
という選手が多くいます。

しかしこれでは
選手として活躍することが
難しいです。

それは
他のポジションを守れる
ユーティリティープレーヤーが
良いという話ではなく
本職であるポジションの役割を
完璧にこなすためにも
他のポジションの動きを知っておく
必要があるからです。

例えば
ショートがあなたの本職であったとします。
ショートのポジションをこなすことで
ショートの様々な動きを覚えることが
できたとします。
しかしそれだけでは
守備の複雑な状況に対応することができません。

・外野に抜けた打球を追う時
・バント処理をする時
・複数ランナーがいるときの対応
・ランダンプレー

このように複雑な状況に対応するためには
本職以外のポジションの動きも
本職のポジションの動きと同等に
十分に知っておく必要があるのです。

全てのポジションの
動きを理解することで
こうした複雑な場面に
出くわした時
自分がどう動けば
最も良いのかを知ることができます。

またそれだけではなく
味方にポジショニングなどの
指示を出す時なども
本職以外の守備についた経験があると
それぞれの動きを知ることができているので
より的確な指示を出すことが
できるでしょう。

こうして考えると
小さい頃から
一つのポジションに固執するのではなく
本職での動きをさらによくするためにも
様々なポジションにチャレンジをし
経験を積んでおくことが重要では
ないでしょうか?

特にフィールド場の監督とも
呼ばれるキャッチャーを守る選手は
その専門性ゆえに他のポジションを守ることが
少なかったりしますが
やはり様々な指示を的確に出す上でも
全てのポジションの動きを正確に
理解しておくことが求められます。

もちろん
他の選手が守っているのを
見るだけでも学ぶことができますが
やはり実際に守ってみないと
分からない部分もたくさんあるでしょう。

キャッチャーやその他の
本職のポジションにこだわること
自体は良いことですが
その専門性をさらに高めるためにも
その他全てのポジションを守れるよう
練習を積んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です