流れを読む力


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

勝負の世界において
流れをつかむことは
そのまま勝敗に大きく影響を
及ぼします。

その流れをつかむためには
流れを持ってくるチャンスを逃さないための
「流れを読む力」が必要になってきます。

これは野球でも同じことが
言えるのではないでしょうか?

例えば
先制点を取った時
次の回の守りをしっかりと
3人で終わらせ0点で抑えることが
できればチームとして試合の流れを
つかむことができ
さらに中押し点、駄目押し点と
繋がっていき一気に試合を決めることが
できるでしょう。

しかし、この時もしすぐに相手に同点に
されてしまったらどうでしょうか?
おそらく相手にも「まだまだいける」という
気持ちが生まれてしまい
再び試合はどちらに転ぶか分からない
膠着状態へと戻ってしまうことでしょう。
この場合はせっかく自分たちのチームに
きそうな流れをつかみ損ねてしまったということ
になるでしょう。

こうした流れは
目に見えるものではなく
数字にも表すことはできませんが
試合中に何度も相手チームと自分のチームの
間を行ったり来たりしています。

この流れをチームとして
上手くつかむことができれば
格上の相手であっても
流れに乗って勝つことができたり
逆に相手に掴まれてしまえば
格下の相手であっても
負けてしまったり思わぬ接戦を
強いられることに繋がってしまうことでしょう。

もちろん流れが悪くても
勝ちきることができるチームが
本当の強いチームではあるのですが
それができるのは本当に限られたチームだけでしょう。

さて、
では具体的にこうした流れを読む力を身につける
ためにはどうすれば良いのでしょうか?

それは簡単です。

どうすれば流れが良くなるのか?
どうすれば流れが悪くなるのか?
を理解しておくことです。

この2点を理解することで
実際の試合においてその場面がきた時に
流れをつかんだり、流れを相手に渡さない
といったことができるようになります。

厳密に言えば
そうした流れを良くしたり
悪くしたりさせないための
練習ができるようになり
それが試合で生きてくるようになるのです。

ではさっそく
流れが良くなる場面を
考えていきましょう。

・点を取った後の守備を0で抑える
・3者凡退で守備を終える
・ファインプレー
・盗塁を刺す
・バントを一球で決める
・フォアボールをもらう
・盗塁を決める

前半の4つは守備での場面です。
投手の立場としてはやはり
相手の攻撃を早く終わらせることが
流れを呼び込みます。
先ほどもお伝えしましたが
やはり点を取った後の守備を
しっかりと抑えることが最も
重要となるでしょう。

そのために投手ができることは
先頭バッターを出さないこと
特にフォアボールを先頭に与えてしまうと
相手に流れが一気に行ってしまう可能性も
あるので注意です。
確実に流れをつかむために
良いピッチャーは
ここで一つギアをあげます。

ここ一番の集中力で
バッターを抑えることで
自分のチームに傾いてきた流れを
強引にでもつかみ取ってしまいます。

当然ですが
これにはある程度の経験が
必要です。
いきなりギアを上げようとしても
上手くギアが上がらず逆に
自滅してしまう選手もいるので
注意してください。

ただ最低限できることとして
先頭バッターを抑えること
これができれば0点で抑える
可能性は格段に高くなるので
先頭バッターには細心の注意を
払うようにしましょう。

野手の立場としては
守備ではまずアウトにできる打球を
確実に裁くこと
その上でファインプレーが
出ればチームの士気は一気に高まり
流れを呼び込むことができるので
流れが悪い時ほど集中力を高めて
とっさの打球に備えるようにしましょう。

また攻撃面で流れをつかむためには
守備のリズム同様に攻撃のリズムも
重要です。

その代表例が
バントを一球で決めることです。
同じバントを決める
ということでも、
ファーストストライクを
一発で決めるのと
追い込まれてスリーバントで
決めるのとでは
結果は同じでもチームとしての
心理状況や流れは大きく違ってきます。

練習ではファーストストライクを
一回で決められるように
最初の一回目を特に大事にしましょう。

また攻撃では盗塁を決める
ということも流れを持ってくる
上では重要です。
通常であればバントなどで
1アウトを取られてでも
進塁をさせたいところを
アウトをもらわずに
進塁させることができ
必然的に得点圏にランナーを
おくことができるので
決めることができれば
相手に与えるプレッシャーも
大きくなるでしょう。

では反対に流れが悪くなることとは
一体どういうものでしょうか?

それは大半が流れが良くなることの
裏返しになります。
・点を取った後にすぐ点を取られる
・エラーをしてしまう
・フォアボールを与えてしまう
・牽制でアウトになる
・バントを失敗

他にもありますが
このようなことを
してしまうと相手に流れを
渡してしまうことに
繋がってしまうかもません。

このように
具体的なケースで流れを
考えてみると意外にも
そこまで特別なことがないことに
気がついたと思います。

つまり流れを呼び込む
ためには自らに与えられた仕事を
しっかりと一人一人がこなしていくことが
一番大切なのです。
その上で流れが変わりそうだと感じた時に
集中力を高めることができれば
それはそのまま流れをつかむことに
繋がっていくのです。

ぜひあなたも
こうした流れを読むことを心がけて
流れが変わる場面を想定した
練習を行うようにしていきましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です