成長のためにバランスを考える


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球が上手くなるためには
必ず「バランス」が大切になってきます。
ただこのバランスとは
一般的に言われる
片足でのバランスのような
バランス能力のことではありません。

もちろんそうしたバランス能力も
スポーツにおいては大切な要素の
一つではありますが
今回はそうしたバランス能力ではなく
何かと何かの間のバランスのことです。

例えば野球と勉強のバランスのように
どちらか一方を頑張るのではなく
どちらもバランスよく行うことを
考えるといった意味でのバランスについて
今回はお伝えしていきます。

このバランスは
野球においてはあらゆる面で
重要になってきます。
まず考えて欲しいバランスは
走攻守のバランスです。

野球選手として高いレベルを
目指すのであれば
バッティンングだけよければ
いいということはありません。
やはり
バッティング、守備、走塁と
バランスよく練習をしていき
総合的にレベルアップしていくことが
選手としての価値やチームへの貢献度を
高めることにつながります。

チーム練習の中では
攻撃重視や守備重視のスタイルを
チームとして打ち出していないかぎりは
バランスよく練習を行なっているとは思いますが
個々のレベルでは走攻守の能力のバランスに
差が生まれてしまいます。
そうした差を選手自らが考え
足りていない部分を補うように練習することが
できるとチームとしての総合力は
一気に高まっていくでしょう。

しかし、どうしても得意なことばかりを
練習してしまうのが選手としての本能でしょう。
そうした本能にばかり従うのではなく
一度冷静に自分のバランスを考えて
不足している部分を補うように練習を
していくことを考えていきましょう。

次に考えて欲しいバランスは
身体の柔軟性と筋力のバランスについてです。
最近ではトレーニングが発達したことにより
様々なチーム、特に高校野球のチームで
盛んに筋トレが行われるようになってきました。
またそれと同じぐらい重要と言われているものに
柔軟性が挙げられます。
この両者もバランスがとても重要です。

何故ならば
筋トレをすることで柔軟性が
落ちてしまったり
柔軟をすることで筋力が落ちてしまったり
する危険性が潜んでいるからです。

筋トレは筋に負荷をかけることで
筋を成長させパワーアップを図ります。
しかし、それと同時に筋が硬直しやすく
そのままにしておくと柔軟性が失われてしまいます。
そのまま放置しておくと柔軟性が不足しすぎてしまい
筋力も発揮しづらくなってしまうでしょう。

反対に柔軟は筋を伸ばすことにより
関節の可動域を広げていき
怪我のリスク軽減や
パフォーマンスアップを図ります。
しかし、柔軟ばかりをし過ぎてしまうと
筋は伸び過ぎてしまい
伸びきってしまったゴムのように
収縮することができず
結果的に筋力が失われていってしまいます。

この両者もバランスを考えて
鍛えていくことが重要です。
例えば筋トレを行う前に
軽く柔軟を入れ(やり過ぎは禁物)
筋肉を動かしやすい状態を作っておき
筋トレを行う。今度は筋トレを行うことで
緊張状態にある筋をほぐすように
十分なストレッチを行う。
このようにバランスを整えることで
筋力も柔軟性もその機能を失わずに
プレーに活かすことができるように
なっていきます。
もしあなたが
筋トレだけを行なっているのであれば
怪我のリスクをあげるばかりでなく
可動域が狭まることでプレーの質を下げる
ことがあるので注意をしましょう。

また柔軟ばかり行なっている人も
ある程度の筋トレを入れなければ
筋は弱くなっていく一方なので
柔らかければいいとは考えずに
注意をしましょう。

このように全てに
おいてバランスを考えることは
成長に繋がっていきます。
ぜひあなたも一度自分を見つめ直し
バランスについて考えてみましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です