その場しのぎは危険!?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

スポーツにはどんなものでも
少なからず好不調の波が存在しています。
特に野球ではこの好不調の波が
激しく安定した成績を残すことは
難しくなっています。

中でも小さい頃から
高校生ぐらいまでの間は
この好不調の波は比較的
激しかったりします。
その原因として考えられることは
フォームが安定していないこと
にあります。

小さい頃はバッティングフォームにしても
ピッチングフォームにしても
フォームが固まっていないため
一つ一つのプレー毎に
フォームが微妙に違うものに
なってしまいます。

その結果良い時のフォームと
悪い時のフォームのさが激しくなり
それがそのまま
好不調の差となって現れてしまいます。
そうした時にやってしまいがちなことが
その場しのぎのフォーム改良です。

例を出して考えてみましょう。
まずバッターの場合
フルスイングをするため
空振りが多くなかなか
試合でバットに当たらない
という選手がいたとします。
そうした選手が試合でなんとか
バットに当てるために
小さいスイングでミート重視の
バッティングをしたとします。
そうすれば一時的に
バットにボールが当たるようになり
試合で結果を出すことができる
かもしれません。

ですがこれは
その場しのぎでしかありません。
もしかしたらこの選手は
そのままフルスイングを
続けていればいつかフルスイングでも
ミートができるようになり。
将来はクリーンナップを打てるような
選手になっていたかもしれません。

しかし、その場しのぎのスイングで
練習をしてしまったため
そのスイングが体に染み付いてしまい
選手としての将来性や魅了がなくなってしまう
可能性があります。
あなたもご存知の通り
一度染み付いたフォームや
癖というものはそう簡単には
直すことができません。
それが小さい頃にできてしまったもの
となれば尚更です。

これはピッチングでも同様です。
ストライクが入らないからといって
ストライクを入れるためだけの
その場しのぎのフォームを
身につけてしまってはその選手の
魅力はなくなりストライクを取るだけの
バッティングピッチャーのような
選手になってしまう危険性があるのです。

こうしたその場しのぎの
フォーム変更は
選手自身がが悩んだ末に
自ら行なってしまう場合も
ありますが
多くの場合は指導者が行なって
しまうでしょう。
もちろんこれはなんとか選手を
活躍させてあげたいという
気持ちやチームを勝たせたい
という気持ちからです。

現に調子が悪い時
というのは色々なコーチが
その選手のために
色々なアドバイスや声をかけます。
しかしそうした全てのアドバイスを
吸収できるほど器用な選手ばかりでは
ありません。
逆に選手自身の混乱を
招いてしまうでしょう。

これは私自身も気をつけなければ
いけないことですが
その選手の将来のためには
やはりその場しのぎではなく
大きな目で見て選手も指導者も
我慢をすることが大切なのではないでしょうか?

実際その場しのぎで覚えた技術ほど
すぐに通用しなくなってしまうものです。

不調に陥ったときは
選手としても指導者としても
結果を出したいところですが
そのバッティングフォームや
ピッチングフォームをしっかりと分析し
何が問題なのかということを
考えそこまで大きな問題がないと
判断した時は結果が出るまでは
地道に微調整や今まで通りの努力を
続けましょう。
そうすれば必ず結果は付いてくるはずです。

PS.もちろん結果が出ない理由が明らかに
フォームにある場合や
怪我に繋がるようなフォームでプレーを
行なっている場合は早い段階で
軌道修正が必要です。
その際もまずは結果にとらわれず
地道なフォーム修正を行なっていくことを
お勧めいたします。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です