法政大学野球部12季ぶり45回目の優勝!!

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

昨日、東京六大学野球秋季リーグ最終戦である早慶戦が、明治神宮球場で行われました。
慶應大学は過去2シーズン連覇しており、今シーズンも早稲田から勝ち点を奪えば3連覇が達成されるというところでした。

一方私が所属していた法政大学は2012年の秋季リーグ以来、実に12シーズン優勝からは遠ざかっていましたが、今シーズンは好調で、早慶戦で早稲田が2勝1敗で慶応に勝つと勝率の差で優勝が決まる、という状況となっていました。
法政大学野球部には私も数回練習に参加させていただいており、今年の選手のポテンシャルの高さを知っているだけに、何としても優勝をして欲しいと思っていました。


そして1勝1敗で迎えた運命の早慶戦第3回戦、慶應大学が4-3とリードをして、9回表の早稲田大学の攻撃を迎えました。しかし「残り3アウトで優勝が決まる」というプレッシャーが慶應大学に襲い掛かります。

早稲田の先頭バッターが右中間を破るツーベースを放ち、さらにはワイルドピッチにより
無死3塁とチャンスを広げます。1死後フォアボールと盗塁により一死2,3塁と一打逆転の場面を迎えます。ここで早稲田実業時代に甲子園を沸かせた加藤選手が、大きな仕事を果たします。センターへの犠牲フライを放ち、ついに土壇場で早稲田が慶応に追いつきました。

なんとか最少失点で抑えたい慶應大学でしたが、続くバッターがセンター前にタイムリーを放ち一気に逆転!!
そして迎えた9回裏慶應大学の攻撃、3番から始まる上位打線を見事に3人で抑え、早稲田大学がこの接戦をものにしました。

この瞬間、法政大学の12シーズンぶり45回目の優勝が決まりました!!

法政大学は、毎年素晴らしい選手を揃えていましたが、ここ数年はなかなか勝ちきることができず優勝を逃していました。春季リーグも1点差での負けが重なり、5位と苦しいシーズンでした。しかしそれでも選手たちは自分たちの実力に自信をもち、秋季リーグへのぞみ、ついに6年ぶりの優勝を掴み取りました。

優勝回数も現在の1位、早稲田大学の45回に並び、1位タイとなりました。
また東京六大学を制したことで、11月から始まる明治神宮大会への出場が決定しました。
明治神宮大会は各地のリーグ戦や予選を勝ち上がった大学とのトーナメントによる戦いとなります。前回優勝し出場した2012年は、決勝まで勝ち進むも、惜しくも決勝戦で0-1で敗れ、準優勝で終わっていました。

現役選手たちには、長年苦しいシーズンを送ってきた悔しさを明治神宮大会にぶつけて、ぜひとも優勝を飾って欲しいと思います。
チーム出張解析

あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!