なぜランニングを行うのか?(有酸素運動の有効性)


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

10月も終盤に差し掛かり
いよいよ本格的な冬に向けて
気温も寒く感じられる日が増えてきました。

冬の時期になると
試合の数も減り各チームともに
体を作る期間へと移行していきます。

この時期の練習が
野球の中では一番辛く
長く感じられるものですが
この時期をどう過ごすかが
個人としてもチームとしても
とても大切になってきます。

さてそんな冬のメニューで
最も選手から敬遠されているメニューが
ランニング系のメニューです。
短いダッシュから
ポール間ダッシュや
インターバル走など
様々なメニューがありますが
中でも長距離走などはとても
辛いと感じる選手が多いのではないでしょうか?

こうしたランニング系のメニューを
行うと選手の中にも
「野球に体力はいらない」
「なぜこんなに走るのか?」
といった不満も出てくるでしょう。
また最近では野球に長距離は必要ない
といった極端な意見まで出てくるように
なりました。

しかしそれでも野球を
やる以上はある程度ランニングでの
負荷は必要になってきます。
その理由をこれから説明していきます。

ランニング系のメニューは
一般的に有酸素運動として
分類されています。
有酸素運動とは
運動中に酸素を取り込まない
短距離走などの短くて速い
無酸素運動とは対照的に
長距離走など酸素を取り込みながら行う
3分以上の長い運動です。

有酸素運動は健康にも
良いとされていますが
もちろんスポーツをやる体にとっても
以下の大きなメリットがあります。
・心拍数が減る
・血圧が下がる
・取り込んだ酸素を効率よく使える
・脂肪の酸化を促進させる

このようにランニングを行うことで
主に心肺機能が向上していくことが
分かっています。
心肺機能が向上していくことで
人間の体は疲れにくく
動きやすい体を作ることが
できます。

この疲れにくい体を作ることが
野球をやる上で大切になってきます。
なぜかというと野球の練習は
長時間さらには毎日のように繰り返されるのが
現在の日本の野球界では当たり前となっています。
そのためそれに耐えるだけの体がそもそも
必要になってくるのです。

もし仮に体が弱く疲れやすい体で
あった場合少しの練習でも
うまく体が回復しないため
呼吸が荒くなり有酸素運動ではなく
無酸素運動に近い状態になってしまいます。

無酸素運動になってしまうと
疲労物質と考えられている
「乳酸」が体にたまりやすく
なってしまいます。

その結果、体には疲労が溜まっていき
オーバートレーニングを引き起こしやすく
なってしまうのです。

オーバートレーニングとなってしまうと
いくら毎日練習をしても
体にとってはマイナスで
現状を維持することも
困難になってしまうのです。
またそれだけでなく
オーバートレーニングにより
体が限界を迎えると大きな故障に
繋がってしまうという危険性も秘めているのです。

そうした状況にならないためにも
普段から有酸素運動を取り入れて
体の心肺機能を高めて
疲れにくい体を作っていくことが
必要なのです。

もちろん
だからといって
有酸素運動ばかりを
集中的にやってしまっても
それこそオーバーワークとなってしまい
体を壊す原因になってしまいます。
またやりすぎることによって
体からエネルギーを作り出すために
筋肉量が減ってしまうという可能性も
あります。

そうならないためには
選手たちのレベルや状態に合わせて
段階的に強度をあげてみたり
メニューを調整したりするなど
計画性が必要になってきます。

例えば
有酸素運動を毎日行うのではなく
週に3~5日などのペースで行なう
さらには日によってはメニューの強度を下げる
また長い期間続けるためには
楽しくできるということも
一つ大事な要素になってくるので
色々なメニューがあると良いでしょう。

ランニングに関しては
これ以外にも様々な効果や意味があります。
もちろんこれからも野球にとって必要か不必要かといった
議論は続いていくと思いますが
やるにしてもやらないにしても
明確な意味や意思のもとに
ランニングと向き合っていくことが
重要なのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です