練習の前に〇〇を理解する


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

日々練習を続けていると
ふと疑問に思うことは
ありませんか?

「これは何のための練習なのか?」と

こうした疑問を持つことが
できる選手は
今後優秀な選手になる可能性を
秘めていると言って良いでしょう。

もちろんこれは
「こんな練習しても意味がないよ」
と言ったネガティブな捉え方ではなく
純粋に練習の意味を知りたいという
ポジティブな思考のことです。

アップにおいても
バッティング練習においても
守備でもピッチングでも
そしてランニングメニューでも
練習をやるからには
その意味や意図があります。
(時には直接野球には関係のない練習もありますが)

そうした意味を理解して
練習を行うのと
全く何も意識をせずに練習を
行うのでは
その練習の効果に大きな差が
生まれてくることは明白ですね。

この練習の意味の理解
には2方向からの考え方があります。
それは指導者目線と選手目線です。

指導者目線では
練習の意味を教えて練習をさせるのか?
それともあえて意味を教えずに
練習をさせるのか?
さらには指導者が意味を考えずに
練習をただやらせている
という3通りの考え方があります。

一つ目の考え方は
選手が納得をし効果的な練習を
する上ではとても重要であり
特に小学生や中学生の選手には
一つ一つ丁寧に意味を説明し
練習をさせてあげることが
選手の将来を左右することに
つながっていくでしょう。

そうした練習と意味をつなぎ合わせることから
選手それぞれの考えが生まれていきます。
いわばその選手の考え方の基礎となる部分なので
丁寧に根気強く何度も伝えてあげることが
指導者としての役割でしょう。

二つ目の考え方は
少し特殊で高度なものです。

これは
あえて練習の意図を伝えないことで
選手自身に練習の意図を考えさせることに
意味があります。

その答えがあっているかあっていないかは
問題ではありません。
また指導者が考えていることが
全て正解とも限りません。
だからこそ一人一人も個性が磨かれ
とてつもない才能が開花するという
可能性も秘めているでしょう。
ただしこれができるのは
自ら考えることができるという
レベルの高い選手だけになります。

まだまだレベルの低い選手であれば
練習の意味を伝えなければ
何も考えずにただ練習をしてしまうだけに
なってしまうでしょう。

そして3つ目の指導者が何も考えていない
というケースは一番避けれなければ
いけないところかもしれません。

こうした状況になると
選手の中からも練習の意図に
疑問を持ち始めてきてしまうため
チームとしても個人としても
質の良い練習ができなくなってしまうかもしれません。
指導者としては意味を教えるにしろ
教えないにしろブレない考え方が必要となります。

次に考えて欲しいのは
選手目線での考え方です。

一つ目は
ただ何も考えずに言われた
練習をこなしてしまう
という選手です。

こうした選手は
よほどセンスや勘が鋭くない
限り一つ一つの練習の効果は
薄くなってしまうでしょう。
どんな練習でも自分なりに考えることができれば
意味のある練習にすることができるはずです。

二つ目は先ほども少し
話しましたが
自分自身で練習の意味を考えることができる
選手です。
こうした選手は放っておいても
勝手にいい選手になっていくでしょう。
指導者としてやるべきことは
余計な邪魔をしないこと
して困った時だけ相談に乗ってあげること
ぐらいでしょう。

自分で考える力を持っている選手は
こちらが練習の意味を伝えても
さらにそれ以上の意味を自ら
見つけだしてしまいます。

もしあなたが選手として
これを読んでいるのであれば
ぜひ練習の意味を理解すること
さらには指導者が説明する以上の
意味を見つけ出すことを実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です