仮説から検証そして実践へ


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

レベルアップに
欠かせないものといえば
練習ですが
その練習をする上で
常に気にしなければいけないものがあります。

それは
「何を練習するのか?」
ということです。
普段練習をしている時には
あまり考えていないという人も
多いかもしれませんが
これは大切です。

例えば
ただバッティング練習をする
にしても練習するポイントは多岐に渡ります。
・飛距離を伸ばす練習
・逆方向に打つ練習
・タイミングを合わせる練習
など

このように練習のメニューの中で
特に何を意識して練習を行うのかを
明確にしていかなければ
それは練習ではなくなってしまいます。

ではこうした何を意識して
練習をするのかを明確にした後は
どうすれば良いでしょうか?

それには
目標を達成させるための
以下の3つの段階を踏むことが
おすすめです。
①仮説を建てる
②検証を行う
③実践する

この段階を一つ例をあげて
考えていきましょう。
まず練習の目標・目的を
バッティングにおいて
「飛距離を伸ばすこと」
と設定したとします。

まず一つ目は
仮説を建ててみます。
どうすれば飛距離が伸びるのか?
どうすればもっと強い打球が打てるのか?
ということを自分自身で考え
色々な仮説を建ててみましょう。
例えば
・もっと足をあげた方がいいのか?
・スタンスを広げた方がいいかもしれない
・バットの軌道を変えるべきか?
・右肘の使い方を変えてみる
このように人に言われたことではなく
自分なりの考えをまとめてみましょう。

その上で次にそれを
検証していきます。
自分が考えた仮説が
正しいのか、
それとも間違っているのかを
確かめてみましょう。

その方法は色々あります。
例えば自分の過去の動画などを比べて
自分が建てた仮説通りにできている時と
できていない時を見比べてみましょう。
例えば足を上げた時と足を上げなかった時
を比べてみてどちらが飛距離が出ているのか
確認してみましょう。

その他にも
プロ野球選手の動画などを集めて
ホームランが多い選手と
ホームランが少ない選手を比較してみましょう。
そこで自分が建てた仮説通りに
フォームがなっているかを検証してみましょう。

そして最後に
検証を行なって自分の中での
一つの正解ができたらそれを
練習で実践していきましょう。

足を上げてみる
スタンスを広げてみる
など一つ一つ実践していき
実際に飛距離が出るかを
確かめていきましょう。

そしてこれだ
という感覚を掴むことができたら
それが体に染み付くように
練習を重ねましょう。

この仮説→検証→実践
のサイクルを繰り返すことで
練習の質は上がっていき
自分自身の引き出しも
増えていくでしょう。

またこのサイクルは
野球を続けていく以上
終わることがないものです。
せっかく出た自分の中の
正解も気づけば間違っていた
ということもあるでしょう。

それでも常に考えることを
やめずに考え抜いた選手が
上へと上がっていきます。
ぜひあなたも実践してみてください。

練習方法公開中↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です