「中途半端」はやらない方がまし?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球では全力疾走や全力プレー
という言葉がよく使われます。
これは試合でも
普段の練習であっても
全力で物事に取り組むことが
良い結果に繋がることを知っているからこそ
言われる言葉です。

ではその逆の言葉はなんだと思いますか?
普通に考えれば悪い結果に繋がることなので
練習を全くしないことだと思います。
しかし、私は練習をしないよりもはるかに
「中途半端にプレーを行うこと」の方が
悪い結果につながってしまうと考えています。

例えば
ダッシュであっても全力ではなく中途半端に
キャッチボールであっても
何も意識せずに雑に行う
バッティングもただきたボールを打つだけ
守備も飛んできたボールを淡々と
さばいていくだけ

このような練習でも
やらないよりはやった方がまし
と思うかもしれません。
しかしこのような中途半端な
練習をするくらいであれば
むしろ練習はやらない方が
良いのではないかと思います。

その理由は2つあります。
1つ目の理由は
中途半端に練習をすることで
中途半端を体が覚えてしまうということです。
人間の体は神経によって動いています。
その神経は繰り返し行なった動作を学習し
練習を重ねることで同じ動作を何回も
再現することができます。
全力プレーを行えば体は常に
全力を再現しようとするので問題はありません。
しかしこのように中途半端を繰り返し練習してしまうと
体は中途半端を再現しようとしてしまいます。
練習を適当にやってしまう選手が
大切な試合でミスをしてしまうのは
これが原因です。

2つ目の理由は
中途半端は伝染するということです。
野球はチームスポーツである限り
チーム全体で練習を行います。
チームスポーツはチームの雰囲気が
とても大切です。
雰囲気次第では
個人としてもチームとしても
良い結果を生むことができるでしょう。

この雰囲気を生み出すのは
選手同士の相乗効果によって
生み出されます。
全力プレーをする選手が
多ければそれに引っ張られて伝染するように
チーム全体が良い雰囲気になっていきます。

ですが逆に中途半端な練習を
している選手がいたらどうでしょうか?
その中途半端なプレーは
周りに伝染してしまいます。
その中途半端が周りに広がっていくと
チームの雰囲気はまず間違いなく
悪くなっていくでしょう。

このような理由から
私は中途半端に練習を
するくらいなら練習をしなに方が
良いと考えています。

もちろん怪我をしてしまっている場合や
リハビリ中の選手は自分のペースで
練習をすることが大切です。
ですがチームとしても個人としても
レベルを高めたいと
思っているのであれば
ぜひ中途半端は卒業し
上手くなるための練習を
行なってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です