新たなポジション「オープナー」とは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは「クローザー」という言葉を
聞いたことがありますか?
おそらくプロ野球を見ている人であれば
知っている人が多いとは思います。
クローザーとは勝ちゲームの終盤に登板し
試合を締めくくる役割を担っています。

昔は先発完投がピッチャーとしての
あり方とされていましたが
今では投手は分業化され
先発、セットアッパー、ワンポイントリリーフ、クローザー
このようにピッチャーの中にも様々なポジションが
生まれてきました。

分業をすることによって
短いイニングで最大の力を
発揮することができるようになり
バッターとしては打ち崩すことが
難しくなってきました。

クローザーも最後の1イニング限定で
投げることが多いため
球速球威ともに先発ピッチャーよりも
高いレベルになることが多いでしょう。

こうした投手の分業制は
日本から生まれたものではなく
メジャーリーグから始まり
数年後に日本球界にも取り入れられ
今では当たり前のものとなりました。
この投手分業制の元となった
メジャーリーグで
今新たな分業が生まれてきているということを
あなたはご存知でしょうか?

その新たな投手のポジションは
「オープナー」と呼ばれています。
ではオープナーとはどういった役割を
担うのでしょうか?
勘の鋭い方であれば
もうお気づきかもしれませんが
オープナーとは先発投手です。
ただ普通の先発投手と違うのは
勝利投手の条件やクオリティースタートの
条件となる5回や6回まで登板をしないことです。

オープナーの役割は
試合序盤の1~3回ほどを投げ
試合を作りそのあとのリリーフピッチャーに
繋げることです。

野球において試合の序盤である
1~3回の試合の入り方は
とても重要です。
序盤に大量失点やリードを与えてしまうと
精神的なプレッシャーがかかり
味方の攻撃に悪影響を与えてしまいます。

逆にいえばその序盤をしっかりと
無失点や最少失点で切り抜けることが
できれば試合は安定し
攻撃でも安心して実力を
発揮することができるでしょう。

そうした安心感や安定感を
チームにもたらすために
オープナーは存在しています。

オープナーはまだまだメジャーリーグでも
完全に浸透しているわけではありませんが
これから先オープナーが浸透するにつれて
投手の評価においての勝ち星の意味合いや
価値は下がっていくかもしれません。
しかしながら野球自体が変わるわけではなく
最終的にはシンプルにどれだけ相手に
点を与えないのか?
という防御率が今も昔も
そしてこれからも
ピッチャーにとって
最も大切な指標であり続けることでしょう。

数年後プロ野球にも
オープナーという役割を担う
ピッチャーが現れてくるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です