1ヶ月間何かをやり通す


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

9月も終盤に差し掛かり
夏の暑さもおさまり
徐々に秋へと季節が変わってきました。

野球の練習は一年中
行われますが
やはり大事な試合や
シーズンは秋に差し掛かると
ほとんどなくなってしまいます。

そうすると次にシーズンが
やってくるのは半年後の
春になってしまいます。

その春、さらには夏に向けて
活躍するためには
この秋から冬の期間が
とても大切になってきます。

しかしこの期間は
試合が少ないため
辛い練習や地道な練習が
多くなってしまうため
一番野球が辛い時期かもしれません。
その結果モチベーションが
下がってしまいがちです。

そのためこの期間に
選手は2つのタイプに
分かれてしまいます。

一つ目のタイプは
春夏に向けて
自分を追い込み
モチベーションを保ったまま
春を迎えることができる選手です。

こうした選手は
一つ一つの練習に対して
全力を尽くすことができるため
とても成長が早いです。
さらにこの時期というのは
試合が少ないため
普段はできない練習がたくさんできます。

それは
体力強化であったり
気になっていたが
試合があったためできなかった
フォームの改善です。

こうしたこの時期にしかできない
練習を真剣に行うことによって
さらに成長は早くなっていくでしょう。

もう一つのタイプは
モチベーションを低下させてしまい
練習に身が入らないという選手です。

春までの期間はとても
長く感じます。
夏に比べて暑さは
和らぎますが
その分練習強度がますため
そこに辛さを感じて
モチベーションを保つことができなく
なってしまう選手がほとんどでしょう。

しかしながら
チームとしても、一選手としても
そのままでは大きな差がついてしまう
ことでしょう。

この二つのタイプの
どちらにあなたは当てはまりそうでしょうか?
まずは冷静に自分を
分析してみましょう。

自分は春に向けて
十分やっていけると
感じることができた選手は
問題ないでしょう。

しかし、もし今の段階で
モチベーションが下がっている
と感じているのであれば
気をつけたほうがいいかもしれません。

モチベーションを落としたまま
春を迎えてしまい
周りと大きな差が
ついてしまわないように
一つアドバイスをしたいと
思います。

それは何か一つでもいいので
練習の中で全力でやることを
決めることです。

そうしてそれを
一ヶ月でいいので
やり通してみましょう。

秋から冬にかけての
練習は長く
さらに春まではとても時間があります。

だからこそモチベーションを下げて
しまわないために
一日の練習の中で一つのメニューだけでも
全力で行いましょう。
(もちろん全部全力でやってもいいのですが)

ダッシュであったり
持久走であったり
ノックであったり
バッティングであったり
なんでもいいので一つは
やりきってみましょう。

そうすることで
モチベーションは
全体的に保たれていき
他のメニューにも取り組む
意欲が湧いてくるでしょう。

また春までそれを
やりきろうと
思わないことも大切です。

先を見すぎてしまうと
モチベーションは下がります。
まずは一ヶ月でいいので
やりきってみてはどうでしょうか?

そうして一ヶ月がたった時
もう一ヶ月続けられそうか?
さらに他のメニューも意識をして
取り組んでみようか?
と考えてみましょう。

ポイントは
全てを最初から最後まで
全力でやりきろうとして
自分を追い込んでしまわないことです。

どんな選手でも
全ての練習を全力で取り組むことは
体力的にも精神的にも
難しいことです。

ぜひ自分を追い込みすぎず
これからの練習に取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です