トレーニングの注意点


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

最近の高校野球をみていると
140kmをだすピッチャーが当たり前で
150kmを計測するピッチャーも
毎年当たり前のようにいるという時代になりました。

以前までは150kmを出せるピッチャーは
プロの世界でもごく僅かであり
ましてや高校生が150kmとなると
とんでもない化け物だと騒がれていました。

こうした球速アップの背景には
基本的な野球技術の進歩よりも
間違いなくトレーニングの知識や
トレーニング環境の向上が
挙げられるれると思います。

その一方で
プロに入ってからの伸び代が
感じられないといった
声も上がっているようですが
いずれにしても
野球界にとっては成長と
捉えることができるでしょう。

さてこのように一般的に
野球の練習として
欠かせないものとなった
トレーニングですが
そのやり方によって効果が
高まったり低くなったりするということを
しっかりと理解できているでしょうか?

チームによっては
トレーナーなどがついており
丁寧な指導をしてくれるというチームも
あるとは思いますが
中にはウェイトの器具はあるが
独自の方法でトレーニングをしている
というチームもあることでしょう。

こうしたトレーニングは
数をやればいいということではありません。
大切なことは正しい姿勢で
正しい体の動きを行うことです。
それにより初めて
鍛えたい筋肉を鍛えることができ
鍛えたい動きを身につけることが
できるのです。

逆に適切な姿勢でトレーニングを
行わなければ鍛えたい部分を
鍛えることができず
怪我のリスクまで高まってしまうのです。
これでは本末転倒といえるでしょう。

理想を言えば
正しい姿勢をしっかりと
トレーナーの指導のもと
身につけてもらいたいところですが
そうした機械に恵まれていない
というチームも多いことでしょう。

そうしたチームに
トレーニングをする上で
1つ頭に入れて欲しいことがあります。

それは
どのプレーをするために
どんな筋肉が必要で
どのトレーニングをすることで
その筋肉が鍛えられているのかを
意識することです。

野球のプレーは複雑な動きであり
1つ1つのプレーに実に様々な筋肉が
連動して体を動かしています。

つまり
どこか一箇所だけを動かすのでは
プレーにならないのです。
トレーニングも同じです。
正しい姿勢では
より効率よく体をい動かすためにん
腕を鍛えているつもりであっても
連動して必ずどこか他の筋肉を
動かしていたりします。

反対に悪いトレーニングの
方法では一箇所だけが
動いているようなバランスの悪い
鍛え方になってしまうことがあります。
これではせっかくのトレーニングも
意味がありません。

意味のあるトレーニングに
するためにも
1つ1つのプレーとトレーニングを
結びつけて考えてみましょう。

そうすることが
トレーニングの質を高めることにも
プレーの質を高めることにも
繋がってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です