「会話」ができていますか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球をしていると
このようなことを
監督やコーチから注意されたことは
ありませんか?
「元気がない」
「もっと声を出せ!」
少年野球などに多いのですが
このようなことを言われると
「さあ行こう!」
「ナイスボール!」
など、無理矢理にでも
声を出そうとしています。

これが悪いとは言いませんが
はっきり言ってあまり意味がないように
思います。
まず第一に声というものは
チームの雰囲気をよくするために
行うことであり
言われてから強制的に出すのでは
どうしてもやらされている感が出てしまい
逆に雰囲気が悪くなってしまいます。

また、はたから見ていても
言わされて出している声と
自ら出している声の違いは
はっきりとわかります。

もちろん小学生や中学生であれば
声を出すことが重要ということが
まだ分からなかったり
どんな声を出せばいいのか
分からなかったりするため
言われなければ声を出さないかもしれません。
しかし、言わされて出している声は
「監督やコーチに怒られないために声を出そう」
ということがこちらにも伝わってきてしまいます。
これではせっかく声を出しても
あまり意味がありません。

では一体どのような「声」が
意味があるのでしょうか?
それは「会話」を行うことです。

ただ単に声を出すのではなく
会話をプレー中に行うことで
意味のある声かけをすることができます。

ここでいう会話とは
当然ですが日常会話のような
おしゃべりではなく
プレーに関する会話です。

例をあげてみましょう。
攻撃中であれば
・アウトカウントの確認
・塁状況の確認
・相手の守備位置の確認
・状況に応じた走塁判断の確認
この他にもたくさん話さなければ
いけないことがあるでしょう。

守備中も同様に
・アウトカウントの確認
・守備体系の確認
・打球方向の予測や状況判断
・次のプレーの予測
あげ出せばきりがありませんが
どれも重要な声かけです。

このような会話をすることで
チームとしてのミスを事前に
防ぐことができます。
当たり前と思っていても
タッチアップであったり
ライナーバックであったりの
確認を怠らないことがミスを減らすことに
繋がります。

ここまでは試合での
声かけについて伝えてきましたが
練習でも良い雰囲気で練習を
するためには会話が必要です。

誰かがミスをすれば
そのままにせず
どうすればよかったのかを
その場で声をかける
良いプレーをすれば
それを全員で声を出して褒める

こうした声かけにより
チームとしてどういうプレーが悪く
どういうプレーが良いのか?
という判断基準が培われていきます。

あなたのチームではどんな
声が飛び交っていますか?
もし言わされてい出していると
感じているのであれば
これを機に会話をすることを
試してみてはいかがでしょうか?

練習方法にお悩みではないですか?↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です